2017/11/19

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017
Georges Duboeuf Beaujolais nouveau 2017

フランス:ブルゴーニュ地方:A.O.C.ボージョレ
アルコール度:13%
ブドウ品種:ガメイ

グルメシティで、2,138円で購入。

【外観】
清澄度:たぶん澄んだ
輝き:強め
色調:若々しいマゼンタピンクのフチをした、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:弱め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>イチゴ、キャンディ、若干ヴェジェタル
<香辛料・芳香・化学物質>若い茎のようなグリーン香
香りの印象:温度低めで飲み始めたので強い要素だけがとらえられる

【味わい】
アタック:柔らかい
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:なめらか、やさしい
タンニン分:弱め、サラサラした
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:低め
余韻:短い

【フレーヴァー】
チャーミングな果実感とスパイス

【評価】
カジュアルでフルーティでマイルド、ちょっとニューワールドっぽいまとまり

【供出温度】
10-13度 冷えているのを、カジュアルに楽しむ

【グラス】
中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しいマゼンタピンクのフチをした濃いルビーで、深い透明感と輝きがあります。

香りは、マセラシオン・カルボニックらしいイチゴやキャンディ香が中心で、グリーン系のアクセントと、時間が経つとカラメルのような甘い印象が出てきました。

味わいは、優しいアタックから、マイルドな果実味と酸味、ほんのりとした甘みがじわっと広がり、細身のボディながら旨みがあり、軽いえぐ味のあるジューシーなフィニッシュ。

今年はとても角の取れたマイルドな印象ですね。
ジューシーで飲みやすく、ニューワールド的なまとまりになっています。

香りは、ジョルジュ・デュブッフのボージョレ・ヌーヴォーらしい強さがありますが、例年に比べるとフローラルの印象が弱い?

飲みやすくて美味しいとは思いますが、ワインの出来としては、いまいちな印象をうけてしまいますね。

今日の晩御飯は、「豚肉と白菜の鍋」と「挽肉のカレー」。

豚肉と白菜の鍋(通称:小栗鍋)は、ワインの香りが浮いてしまって、フィット感がありません。
まあ当たり前ですが、少なくとも和食に合うワインではないですね。
キャンディ香が加わって美味しい食事、ってのがポイントですが・・・そんなのあるのかな??

「挽肉のカレー」もお互いの主張が噛み合わないので、フィット感はありません。

おつまみの「ハニーピーナッツ」はとても良く合いましたが、「ビーフジャーキー」は反発する感じで、フィットしません。

それにしても今年のジョルジュ・デュブッフ・ヌーヴォーは、大きな方向転換をしていますね。
カミさんも「チリのワインとか、メルローのワインみたいな感じ。」という感想。

去年は「ピリピリした緊張感で落ち着きがない」という感想でしたが、今年はマイルドで飲みやすくなってる分、個性が半減しているような気がします。

税込みで2000円を超えるので、ボージョレ・ヌーヴォーじゃなかったら間違いなく買わないと思いますが、あの独特なマセラシオン・カルボニックの香りは、毎年の風物詩として感慨深いものがありますね。

また、変わっていくボージョレ・ヌーヴォーを毎年ウォッチするのも楽しみの一つになってきました。
ブームが去ったとしても、ずっと続いて欲しいですね~。

■楽天ショップへのリンク

【予約品】【新酒】【12本ご購入で送料無料】ボジョレー ヌーヴォー 2017 ジョルジュ デュブッフ 航空便 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン 辛口 ライトボディ 750ml (デュブフ)【新酒まとめ買い特典対象】【wineuki_BNV】

※サイトより引用
フレッシュでいきいきとした味わいが愉しめるスタンダードなヌーヴォーです。ジョルジュ デュブッフのボジョレー ヌーヴォーの代表的存在。
フレッシュで軽やかな飲み心地の理想のヌーヴォーをお届けしたい。その想いを実現するために、ジョルジュ デュブッフがボジョレー地区のすべての畑から葡萄を選りすぐって仕上げます。
毎年ラベルデザインが変わり、コレクションされている方も多くいらっしゃいます。ラベルは「感謝」の花言葉を持つ、ひなげし、バラ、ダリアを中心にブーケのイメージでデザインしました。
赤い果実や花を思わせる心地よい香り、 軽やかできめ細かい味わい。
フランスの3つ星レストラン「ポールボキューズ」が最も気に入っているヌーヴォーとしても知られています。
■関連情報(ボージョレ・ヌーヴォー/ヌーヴォー)


2017/04/15

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015
Casillero del Diablo Carmenere 2015

チリ:地理的表示無し
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:カルメネール

ヤオコーの20%オフセールで、税抜き1128で購入。(元値は1410円)

【外観】
清澄度:たぶん澄んだ
輝き:強め
色調:若々しい紫色のフチをした、濃いガーネット
濃淡:とても濃い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>カシス、ジャム、タバコ
<香辛料・芳香・化学物質>血液、鉄さび、グリーン系のスパイス
香りの印象:やや還元的?最初は香ったがだんだん弱くなってきた

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:なめらか、やさしい
タンニン分:弱め、サラサラした
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:高め
余韻:かすかに長めに続く

【フレーヴァー】
ジャムやキャンディのような果実感

【評価】
マイルドでフルーティ、とても飲みやすいがジュースが混ざっているような印象がある

【供出温度】
14-16度 冷えていても良いけど、ちょっと温度高めでもトロトロした美味しさがある

【グラス】
小ぶり、中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観はとても濃く、紫色のフチをした黒に近いガーネットで、液面のツヤと輝きがあります。

香りは、ジャムやカシス、タバコ、血液や鉄さび、グリーン系のスパイスなどありますが、まだちょっと還元的かも。

味わいは、予想に反してライトでトロっとした口当たりから、豊かな果実感と甘みが大きくひろがり、優しい酸味とタンニンがすーっと続いて、じんわりフルーティな余韻が残るフィニッシュ。

このワイン、まったく悪魔ではないですね。
とてもチャーミングでスイート、メルヘンの世界です。

いわゆる良いワインの価値観とは違う、チリワイン独自のカジュアルでフルーティな味わいですが、さらに進化してるって感じ。
チリワインは、いったいどこまでフルーティさを追求するのでしょう?

今日の晩御飯は「豚肉の肉巻きステーキ」。
薄切り肉を巻いて作った、和風ソースのポークステーキです。

このワイン、果実感が強いのですが、ちょっと控えめなところがあるので、食事を立てて裏方に回ります。
ジュースっぽいと思ったけど、食事との相性は良さそうですね。

デミグラスソースのハンバーグとか、ハッシュドビーフ、味噌カツとかも合いそうな気がします。
和食だったら角煮とか、ビーフよりも豚肉の方が相性が良さそうですね。

おつまみのチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」はチーズが勝ってワインが負けてしまいます。
「ミモレット」はいい感じでフィット。

「YBC ルヴァン」にパルミジャーノ・レッジャーノを乗せて合わせてみましたが、やっぱりチーズの強い香りが最終的に勝ってしまいます。
ルヴァンにクリームチーズを乗せたくらいでちょうどいい感じでしょうか。

人に例えると、一見派手そうに見えるけど、実はチャーミングで大人しい女子みたいな感じ?

香りは最後まで良くならないですね。
ちょっと還元的というかケミカルな印象のままでした。

でも時間が経っても力が落ちず、果実感たっぷりなチャーミングな魅力が続きますね。

パーティに持っていくと女子ウケしそうなタイプで、果実感に浸りたい時には良いのではないでしょうか。

■楽天ショップへのリンク

カッシェロ・デル・ディアブロ・カルメネール[2015]年・コンチャ・イ・トロCasillero del Diablo Carmenere [2015] Conch y Toro

※サイトより引用
南米でその名を轟かせた「悪魔の蔵」のワイン!からチリでしか栽培されていない幻の品種カルメネール100%!!ワインスペクテーター87点、ワイン&スピリッツ87点のプラムやチョコレートの香りにコーヒーのヒント!!8~12ヵ月熟成の人気ワイン
<カルメネールについて>
カルメネールは数奇の運命をもつ、神秘的な品種です。もともとボルドーの古い葡萄品種でしたが、強い日照を必要とするためボルドーでは上手く育たず、フィロキセラによってほぼ絶滅したと言われています。
幸運なことにその直前にチリに持ち込まれ、チリで栽培が続けられていました。今ではフィロキセラ前のカルメネールはチリにしか無いといわれています。
しかしチリでも1990年頃までメルローとして(純粋なメルローと混在されて)栽培されていました。成熟はメルローよりも2-3週間遅いため、純粋なメルローが収穫を迎えてもカルメネールはまだ完熟しておらず、そのためにチリのメルローが青臭いといわれてきました。
コンチャ・イ・トロ社では1990年からメルローとカルメネールの植え替えをはじめ、すでに2000年頃までには完了し、「デルーニョ」レンジで少量のカルメネールをリリース。そして順調に畑を広げ、カルメネールは今、ようやくその個性を「カッシェロ デル ディアブロ」として花開く時を迎えました
<テイスティングコメント>
深みのある紫色が美しいカルメネール。プラムやチョコレートのしっかりした香りに、コーヒーのヒントが感じられます。黒いプラムやスパイスが、アメリカンオーク樽香に包まれて、口中でまろやかに広がります。
<料理との相性>
赤身のお肉をハーブや野菜にあわせた料理や、ゴーダチーズなど。
ワインスペクテーター87点、ワイン&スピリッツ87点、インターナショナルワインチャレンジ2005銅賞

■関連情報(カッシェロ・デル・ディアブロ シリーズ)



■Amazonへのリンク



■関連リンク(ヤオコーのワイン)


2017/04/14

サンタ・ヘレナ アルパカ ピノ・ノワール 2016

サンタ・ヘレナ アルパカ ピノ・ノワール 2016

サンタ・ヘレナ アルパカ ピノ・ノワール 2016
Alpaca Pinot Noir 2016

チリ:D.O.セントラル・ヴァレー
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:ピノ・ノワール

ローソンで、625円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若々しい鮮やかな色調の、明るいルビー
濃淡:明るい
粘性:やや弱め
外観の印象:若々しい、明るい

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>イチゴジャム、グリーン香
<香辛料・芳香・化学物質>還元的、なめし革、カラメル、胡椒
香りの印象:やや還元的?

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やかな、はっきりした
タンニン分:サラサラした、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:やや強め
余韻:短い

【フレーヴァー】
ピリッとスパイシー

【評価】
ライトで爽やか、スッキリした味わいだが、タンニンとアルコールがグッと締めてキレがある

【供出温度】
14-16度 明るくて軽いので冷やす印象があるけど、タンニンとアルコールがしっかりしているので、やや温度高めの方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし(ちょっと還元的なので、飲む直前にしてもいいかも)

【総評】
外観は、若々しい鮮やかな色調の明るいルビーで、底がしっかり見えるくらいの透明感と輝きがあります。

香りは弱めで還元的、イチゴジャム、グリーン香、胡椒、カラメルなどがあります。

味わいは、かなり軽めのアタックから、チャーミングな果実感と甘みがじわっと広がり、酸味は穏やか、スマートなボディながらタンニンとアルコールがピリッとアクセントを効かせて、締まった印象でフィニッシュ。

発売前から期待していた、アルパカのピノ・ノワール。
第一印象は「そう来たか!」です。

ニューワールドのピノ・ノワールらしい飲みやすさがあって、フレンドリーで飲みやすい、明るい外観もとても好印象なのですが、「ひとクセ」ちゃんと入っているというか、ピリッとしたタンニンとスパイス、そして張りのあるアルコールの印象が全体を締めています。

あまり甘くないのもいいですね。

モダンなアプローチを感じますが、還元的で、ビオ臭のような感じがあったのも、現代的な感じ??
まったくビオじゃないと思いますが・・

今日の晩御飯はコンビニの「ロコモコ丼」
甘いソースがワインとのつなぎになって良い感じですが、ワインがちょっと辛くなるかも。

このワイン、後味の苦味がポイントですね。
食事と合わせると、苦味が強めに出てきます。

これは良い点にも悪い点でにもなるので、人によって評価が分かれそうですね。

ストリングチーズスモーク味には、ワインが強めに主張してフィット感がありません。
チョコビスケットもワインが浮いてしまいますね。

ワンコインなのに、ちょっと暴れん坊な感じ?
予定調和なワインを求めていたら期待を裏切られそうですね。

アルパカなので、過剰に品質を期待してしまいますが、この価格なら十分な品質感だと思います。
ピノ・ノワールの持っているミステリアスな部分も感じられて、面白いワインではないでしょうか。

またリピートしてみたいワインですね。

■楽天ショップへのリンク

50円OFFクーポン配布中サンタ・ヘレナ・アルパカ・ピノ・ノワール 赤 750ml アサヒビールワイン 1個=500円(税別)

※サイトより引用
今回は、希少なぶどう品種である<ピノ・ノワール>を100%使用した『サンタ・ヘレナ・アルパカ・ピノ・ノワール』を新発売します。<ピノ・ノワール>は、フランスのブルゴーニュ地方が主要産地で、渋みが少なく淡いルビー色が特長です。
涼しい気候で育つぶどう品種であることから、チリでは栽培が難しいとされており生産量が限られている品種です。
通常の赤ワインよりも低い温度で、より丁寧に醸造することなどで<ピノ・ノワール>のエレガントな香味を最大限に活かし、高品質でありながらカジュアルに楽しめるワインを実現しました。ラスベリーのようなフレッシュな果実味と渋みが少なくなめらかな口当たりが特長です。

■関連リンク(サンタ・ヘレナ アルパカ)



■関連リンク(ローソンのワイン)


2017/04/02

トライタン ワイングラス S 360㏄

トライタン ワイングラス S 360㏄

割れないワイングラス「トライタン」。
気になってしょうがないので、ついつい買ってしまいました。

Amazonで、681円(送料別)。
さて、どのくらいガラスのワイングラスに近いのでしょうか。

■50センチ離れてみると普通のワイングラス

まず外観はとてもキレイで、普通のガラスのワイングラスに見えます。

ちょっと心配してしまうくらい、リーデル・ヴィノムシリーズのシャルドネにそっくり。

写真の左側がトライタンで、右がリーデル。これって大丈夫??



ただ、やはりプラスチックなので、近くで見るとパーティングラインが分かります。
底には射出口を削った後と思われる大きな円形の削り跡がありますが、普通に使う時は隠れるので分かりません。




それから、目立つ大きなキズが数か所ありました。
プラスチックなので、まあいいか、って感じですが、ガラス製だったら完全に返品レベルです。
お店のせいなのか、工場出荷時にそれくらいの品質感なのかは不明ですね。

■気になる点もいくつかあります

かなりガラスのワイングラスに近いのですが、一番残念なのはフチの厚さ。
削って仕上げてあるようですが、少しフチが尖っていて口の当たりが悪そうです。


細かい点では、プラスチックなので静電気を含んでしまい、ほこりがつきやすいですね。

それから、軽いせいもあるのかもしれませんが、座りが悪くてちょっとグラグラします。

■柔らかいプラスチック

曲がるプラスチックと書いてあったので、どのくらい柔らかいのか気になっていましたが、空の状態では柔らかさは感じません。
ただ実際にワイン入れてみると、ちょっと柔らかさを感じます。
スワリングでグラスを回すと、ガラスのしっかりした感じに比べて、ふわふわした感じがあって、テーブルに置くときも柔らかい感じで、最初はちょっと戸惑います。

また、置いた状態でカッブの部分をトンと叩くと「ぼよよん」と左右に揺れますね。

■重さはクリスタルガラス製の半分

重さは78グラム
リーデルのシャルドネは152グラムなので約半分の重さ。
かなり軽いですが、一般的なプラスチックのワイングラスに比べると重さはあります。

ちなみに同じくらいの量が入るガラスのタンブラーは326グラムでした。

■ワインの外観を見る時はやや不満あり

色の見やすさは、クリスタルガラスの方がいいですね。
やはり透明感では敵いません。
また、プラスチックはホコリがついたりして、それも見えにくい要因になっています。


■香りはクリスタルガラス製と変わらない?

クリスタルガラス製と比べてみましたが、大きな差は無さそうです。
今回のワインが香りの立たないタイプだったので、また別のワインでも比べてみることにします。
何回か使うと香りが移らないか気になるところです。

<2017年4月15日追記>
何も入れない状態で香りを嗅ぐとかすかですが、ビニール臭がありますね。
浮き輪の空気を抜くときの匂いというか。でもほんとにかすかです。
よっぽと良いワインを飲もうとしたら気になるかもしれませんが、そういうワインはこれで飲んではダメですね。(^^)

■口当たりはやはり気になる

一番気になっていた口当たりですが、やはりちょっと悪いですね。

フチの外側は丸いのですが、内側がやや尖っていて、口を離すときに尖っているフチがひっかかる感じがします。

切削して仕上げているようなので、家でも削れるかも。
使い物にならなくなってしまうかもしれませんが、ちょっと試してみようかな。

■気に入りました!

いろいろ気になる点はあるものの、このワイングラス気に入りました。
見た目は本格的なのに、カバンにぽんと入れられるような気軽さがいいですね。
リーデルは倒しただけで割れてしまいますからね~。
アウトドアでも、このグラスがあればちょっといいワインも持ち出したくなるかも。

倒しても落としても割れないので、子供がいるようなカジュアルなパーティとか、TPOでガラス製と使い分けると活躍するではないでしょうか。

■楽天ショップへのリンク
トライタン ワイングラスS GC701TR ラッピング不可商品

※サイトより引用
ガラス製じゃないって本当?と疑いたくなるような飽和ポリエステル樹脂製グラス。
ガラスのような透明感がありながら、柔軟性のある「トライタン(飽和ポリエステル樹脂)」を採用。
倒しても、落としても割れないので、お年寄りやお子さまも安心してご使用いただけます。
繰り返しご使用可能で、食器洗浄機や食器乾燥機にも対応。
大人数のパーティ、お花見やバーベキューなどのアウトドア、旅行、防災グッズ用など、さまざまなシーンでお役に立つシリーズです。
力を入れても、曲げても、ひねっても元に戻る樹脂素材を採用しているので、倒したり、落としても割れる心配がありません。
ワイングラスのボウルは、某有名メーカーグラスにも似た形状で、ワインの香りや味を充分お楽しみいただけます。
【トライタンとは】
医療用器具を製造しているイーストマン社が開発した素材。
人体に影響する可能性が示唆される化学物質を含まない「イーストマン Tritan(トライタン)コポリエステル」を使用している安全な製品です。
最新の合成樹脂技術で開発された、軽くて丈夫で安全性も高い素材です。

■Amazonへのリンク

2017/03/20

ムッソ・スモール・ゲーム シャルドネ 2012

ムッソ・スモール・ゲーム シャルドネ 2012

ムッソ・スモール・ゲーム シャルドネ 2012
Musso Small Game Chardonnay 2012

スペイン:地理的表示なし
アルコール度:11.5%
ブドウ品種:シャルドネ100%

おとぎの国の通販で6本セット3,980円、1本あたり663円で購入。
参考価格は、1400円。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:オレンジがかった、トパーズに近いイエロー
濃淡:やや濃い
粘性:強め
外観の印象:酸化が進んだ、熟成した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>酸化をイメージさせるリンゴやシードル、熟した果実、リンゴの蜜
<香辛料・芳香・化学物質>ミハチミツ、カンロ飴、ちょっとシナモン
香りの印象:酸化熟成の段階にある、開いている

【味わい】
アタック:当たりが強い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:すっかり酸化したトゲトゲしい酸
苦味:強い(突出した)
バランス:スリムでコンパクトだけど、酸化熟成により厚みが出ている
アルコール:弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
シードル、酸化したリンゴ

【評価】
完全に酸化していて通常では飲めるレベルではないが、酸化熟成がちょっと面白い要素を加えている

【供出温度】
11-14度 酸化熟成が進んでいるので、少し温度高めが良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、茶色がかったトパーズに近いイエローで、輝きがあります。

香りは、酸化をイメージさせるリンゴやシードル、熟した果実、ハチミツ、カンロ飴、リンゴの蜜、シナモンなど、酸化してるけど甘い印象があって、意外と悪くありません。

味わいは、トゲトゲしたアタックから、酸化した印象とチャーミングな果実味、甘みがじわっと広がり、収斂性のある苦味とえぐ味のある辛いフィニッシュ。

5年まえの白ワインなので、完全に酸化していて、アウトなレベルなのですが、なんとなく魅力があります。
キャンディっぽい果実感がチャーミングで、絶望の世界の中にある一つに救いみたいな、不思議な世界観をもっていますね。
ハズレワインだけど、ちょっと面白いですね、これは。

今日の晩御飯は、アジの干物、九州の実家から送ってきたでっかいやつです。
普通だと干物にワインはまったく合わないのですが、毒をもって毒を制すというか、ワインのクセが強すぎて、干物の生臭さもあまり気になりません。

明太子もありましたが、これもそこそこ問題なし。
これははじめてのパターンかも。

レーズンチョコはワインが完全に負けますが、マイナス部分も消してくれて、余韻に果実感を加えてくれるので、これはこれでよいですね。
トリュフチョコも同じようにワインが完全に負けるけど、ふわっと余韻を残します。

チョコに合わせるとウィスキーっぽい感じになりますね。
今はフレッシュなワインが当たり前ですが、昔はこのくらい酸化熟成したワインは当たり前だったかも。

昔のお酒は、我慢して飲んでると、だんだん美味しさが分かってくるみたいところがありましたからね~。

グラスが空になると、樽の影響を強く感じます。
しっかり樽熟成をしているので、5年経ってもそれなりに飲めるんでしょうね。

人に例えると、人生の機微を知っている、深みのある、可愛らしい熟女って感じ?
チャーミングで愛されるタイプですね。

次はコンディションの良いやつを飲んでみたいですね。
きっと良いワインだと思います。

■楽天ショップへのリンク

白ワイン Musso Small Game Chardonnay ムッソ・スモール・ゲーム シャルドネ 750ml オーガニックワイン 逸品 プレゼント ギフト 専門店 輸入ワイン 直販 ワイン屋さん 人気ワイン【酒類】

※サイトより引用
このワインを手掛けるカサ・ホロは、スペインの複数の若手醸造家やソムリエなどからなるワイン造りのエキスパート集団です。
彼らは、「その土地のキャラクターやテロワールを完全に反映したワイン造り」をモットーとし、ブドウの栽培からワインの醸造、さらにはラベルのデザインまでワイン全体をプロデュースし品質の高いワイン造りを行っています。
有機栽培ブドウを100%使用したオーガニックワイン
青りんご、熟した桃、トロピカルフルーツのアロマに、イキイキとした酸味やミネラル感が感じられ、明るく開放的な印象の白ワインです。なめらかな口当たりで、長い余韻へと続きます。ボトルデザインにも描かれているように、魚介類と合わせて、その相性の良さをお楽しみください。

コンビニやスーパーで買える、春のロゼワイン

春のロゼワイン

春のワインと言えば「ロゼ」。
ピンク色が春らしくて、きれいですよね。

■ロゼの魅力

・ピンク色の見た目がキレイ
・合わせる食事の幅が広い
・お花見にぴったり!

■ロゼワインとは

ワインの色は大きく分けて3色。

白ワインは「白ブドウ」、赤ワインは「黒ブドウ」から造られるのが一般的ですが、ロゼワインは「黒ブドウ」、あるいは「白ブドウ」と「黒ブドウ」両方から造られます。

■ロゼワインの造り方

白ワインは、果汁だけにして醗酵させるので、色は着きません。
赤ワインは、皮や種などと一緒に醗酵させるので、果皮から赤い色がワインに着きます。
ロゼワインは、赤ワインを造る方法で少し色が着いたところで絞り、果汁だけでさらに発酵させるという方法が一般的です。

EU以外では赤ワインと白ワインを混ぜて造る方法も許可されていますが、これは色を着けられた白ワインです。
黒ブドウが、赤ワインでは見せない一面を見せてくれるのが、ロゼワインの魅力と言われていますね。

■コンビニ・スーパーで買えるロゼワイン

フロンテラ ロゼ



コンビニだと700円台、スーパーだと600円台で売っていますが、これは超コスパワインですね。
フレッシュな果実感があって飲みやすく、食事にも合わせやすいのですが、さらにハーブの印象がアクセントになってて、飲み飽きないタイプです。
手に入りやすいというのも重要なポイントですね。

フロンテラ ロゼ 2013

-----------------

アルパカ ロゼ



このワインも超コスパワイン。
大人気のアルパカシリーズのロゼで、コンビニだと600円台、スーパーだと500円くらいで売っているところもあります。
見た目は可愛らしいですが、実はしっかりした味わいで、スパイスの印象も強く、合わせる食事にはちょっと気を使います。
オードブルにパーティ感覚で合わせるのがオススメでしょうか。
お花見には最適ですね。

サンタ・ヘレナ アルパカ ロゼ 2014

-----------------

マテウス・ロゼ



スーパーで、1000円弱くらいでしょうか。
過去大ブームがあったので「マテウス・ロゼってまだ売ってるんだ?」って人も多いと思いますが、このワインちゃんと進化しています。
微発泡でアルコール度も低め、すっきりした果実感が心地よく、薬草のようなスパイスや軽い苦味がワインに深みを与えていて、とてもバランス良くまとまっています。
微発泡の優しい泡立ちは、アウトドアで昼間から飲むには最適ですね。
見た目も可愛いので、お花見に持って行ってみてはいかがでしょうか。

マテウス ロゼ NV

-----------------

フレシネ セミセコ ロゼ



人気が出てきて、だんだん高くなってきてるようですが、今はスーパーで1600円くらいでしょうか。
シャンパンと同じ瓶内二次発酵製法によるカヴァ、セミセコなので「辛口」ではなくて「やや甘口」。
発泡も控えめ、甘さも控えめ、アルコール度も低めですが、バランス良くまとまっていて飲みやすく、グリーン系のハーブの印象もあって、炭酸が抜けてきても美味しく飲めます。
お花見でもフルート型のグラスを持って行きたくなるワインですね。

フレシネ セミセコ ロゼ NV ハーフボトル

■プラスチックのワイングラス

アウトドアで使えそうなワイングラスをいくつかピックアップしてみました。


脚が取り外せるタイプですが、ピンクやグリーンがあって、ちょっと可愛いですね。


アンティークなデザインで安っぽくないのが魅力ですが、ワインの色が分からないのがちょっと難点。


これはかなり本格的なワイングラスですね。形はリーデルそっくり・・・
柔らかい樹脂で出来ているみたいですが、どのくらいガラスっぽいのか気になります。

★買って見ました!レビューはこちら★


それではみなさん、お花見楽しんでくださいね~。
(o^∇^o)ノ

2017/03/19

ジョセフ・ベルラン コート・デュ・ローヌ ルージュ 2014

ジョセフ・ベルラン コート・デュ・ローヌ ルージュ 2014
ジョセフ・ベルラン コート・デュ・ローヌ ルージュ 2014
Joseph Pellerin Cotes du Rhone 2014

フランス:コート・デュ・ローヌ地方:A.O.C.コート・デュ・ローヌ
アルコール度:12.5%
ブドウ品種:品種不明

やまやで、1058円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若々しい紫がかった色調の、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:強め
外観の印象:若いが少し落ち着いている、深い透明感がある

【香り】
第一印象:弱め
特徴:
<果実・花・植物>赤い果実、ドライフラワー、タバコ
<香辛料・芳香・化学物質>血液、なめし革、硫黄
香りの印象:酸化還元が始まっている、やや閉じた印象

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:なめらか、やさしい
タンニン分:サラサラした、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
軽くスパイシー、収斂性がある

【評価】
かなり軽くてスッキリした味わい、後味をタンニンがしっかり締めるので、メリハリもある

【供出温度】
10-13度 軽いのでしっかり冷えていても飲めるが、少し温度を上げた方が味わいが広がりそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若さがあるものの、大人しい色調の濃いルビーで、底がうっすら見えるくらいの透明感があります。

香りは弱めで、赤い果実、硫黄、血液、なめし革、還元的でちょっと閉じた感じがあります。

味わいは、とても軽いアタックから、上品な果実感とほんのり甘みがゆっくりと広がり、ライトボディの優しくスッキリした印象がスーッと続いて、じわっと余韻を残すフィニッシュ。

とても軽いのですが、品が良いというか、すっきりしたクールな印象と沁みるような味わいがありますね。
香りはイマイチですが、フィネス系の味わいで第一印象は悪くありません。

ただ、飲み進むと飽きてきそうな雰囲気もあるかな。

今日の晩御飯は、自家製の「シューマイ」。

ワインが軽いので、これくらいの肉料理でも良く合います。
煮物とか焼き鳥とか、和食の肉料理にも全般的に合いそうですね。
香りが主張していないのも和食に合わせやすいポイントです。

少し酸化熟成が始まっている感じも、醤油との馴染みを良くしてますね。

おつまみの「一口チーズ」は、ニセモノ感があって、ワインが拒否する感じ。

お土産の「ごまたまご」には良く合いました。
「チョコレーズン」にはバッチリ合います。

人に例えると、普通で目立たないけど、優しく人当たりが良くて、いつも微笑んでいる若い女子みたいな?

香りはイマイチですが、味わいは優しく穏やか、上品で深みを感じます。
コストパフォーマンスは価格なりですが、和食にも合わせやすそうで、家庭で飲むには良い選択かも。

リピートしたいほどではないけど、オススメできると思います。

■楽天ショップへのリンク

【5,000円以上送料無料】ジョゼフ ペルラン コート デュ ローヌ ルージュ 750ml

※サイトより引用
美しい紫色。
ブラックカラントやラズベリーのアロマにほんのりとシトラスのニュアンスも感じられます。
フルーティかつすっきりとした味わいのミディアムボディです。

2017/03/18

コンティ・ゼッカ  サラチェーノ マルヴァジーア ビアンカ 2013

コンティ・ゼッカ  サラチェーノ マルヴァジーア ビアンカ 2013 500ml
コンティ・ゼッカ  サラチェーノ マルヴァジーア ビアンカ 2013 500ml
Conti Zecca Saraceno Malvasia Bianca 2013 500ml

イタリア:プーリア州:I.G.P.サレント
アルコール度:12%
ブドウ品種:マルヴァジーア ビアンカ主体

セブンイレブンで、500mlを798円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:オレンジがかったイエロー
濃淡:濃い
粘性:やや強め
外観の印象:酸化が進んだ、良く熟した

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>炒ったアーモンド、シードル、酸化したリンゴ
<香辛料・芳香・化学物質>カラメル、バタークリーム、硫黄、ヨード?
香りの印象:酸化が進んでいる

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:酸化した、収斂性がある
苦味:穏やかな
バランス:スリムな、まろやかな
アルコール:やや弱め
余韻:酸化した印象が残る

【フレーヴァー】
酸化したリンゴ、シードル

【評価】
完全に酸化しているが、それなりに味わいはある

【供出温度】
11-14度 酸っぱいので、あまり冷やしすぎない方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、完全に酸化しているオレンジ色で、輝きがあります。

香りは、リンゴやシードル、アーモンド、バタークリーム、硫黄、ちょっとコンポート、シェリーっぽい感じになってます。

味わいは、軽めのアタックから、完全に酸化した饐えた果実感が広がり、スリムながら収斂性があって、キューッとしまった後に、えぐ味の残るフィニッシュ。

これは売ってはいけないレベルで酸化していると思うのですが、返品に行ったら完全にクレーマーですよね~。
がっかりですが、酸化した中にもそれなりに味わいがあるので、もう少し飲み進んでみましょう。

4年前のワインと分かっていたら、コンビニでは絶対買わないですね。
ちゃんと生産年を確認すれば良かった・・・

今日の晩御飯は、冷凍パスタの「生パスタ海老のクリームソース」と「豆のサラダ」。
食事に合わせると、ワインが乱暴で雑なことが分かります。

酸化したワインは食事と合わせると大人しくなる事が多いですが、このワインは荒々しいままですね。

でも、なんだかんだ文句言いながらもどんどん飲んじゃいますね。
きっとベースは良いワインなんでしょうね。

「揚塩ピー」くらいの塩辛さだと、ワインとのバランスがいいみたい。

おすすめはできませんが、まあ飲めました。
コンディションが良ければ美味しいワインじゃないでしょうか。

■関連リンク(セブンイレブンのワイン)


2017/03/12

フィリップ・ダルジャンヴァル コート・デュ・ローヌ ブラン 2014

フィリップ・ダルジャンヴァル コート・デュ・ローヌ ブラン 2014
フィリップ・ダルジャンヴァル コート・デュ・ローヌ ブラン 2014
Philippe d'Argenval Cotes du Rhone Blanc 2014

フランス:コート・デュ・ローヌ地方:A.O.C.コート・デュ・ローヌ
アルコール度:13%
ブドウ品種:品種不明

やまやで、1058円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:中庸
粘性:やや強め
外観の印象:若々しい、ねっとりした印象

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、洋ナシ、青りんご、白い花
<香辛料・芳香・化学物質>クリーム、シロップ
香りの印象:若々しい、第1アロマが強め

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:収斂性があり酸っぱい感じ
苦味:穏やかな
バランス:スリムだけど、ちょっと酸化の印象
アルコール:やや強め
余韻:短い

【フレーヴァー】
えぐ味のある柑橘系フルーツ

【評価】
スッキリとシンプルなまとまりながら、収斂性とえぐ味のが残り、ひっかかるような口当たり

【供出温度】
8-10度 コンディションがイマイチなので、冷やして飲んだ方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、若さのあるグリーンがかったレモンイエローで、輝きがあります。

香りは弱めで、洋ナシ、青りんご、グリーン系のフローラル、クリーム、ちょっと甘い印象もあります。

味わいは、軽めのアタックから、酸化した引っかかるような印象とフレッシュな果実感がふわっと広がり、その後強い収斂性とえぐ味が出てきて、「いがいが」した感じでフィニッシュ。

3年前の白ワインなので、ちょっとコンディションは気になったのですが、酸化が始まっているような感じですね。
飲めないほどではなく、個性と捉えられるくらいの範囲かもしれませんが、ベストコンディションではなさそうです。

それとも元々こういった味わいなのか?
ちょっと酸化しているワインは、食事に合わせやすい事も多いので、もう少し飲み進めてみます。

温度が低めだと酸化の印象はほぼ気にならないですね。
どちらかというとワイン品種の個性で、やや生っぽい青さがあるように感じます。

A.O.C.コート・デュ・ローヌの白の主要品種は「ブールブーラン」「クラレット・ブランシュ」「グルナッシュ・ブラン」「マルサンヌ」「ルーサンヌ」「ヴィオニエ」。

いわゆるグローバル品種が入っていないので、ローヌらしい個性的な味わいになりますが、飲み進むとじわじわと良くなってきました。

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランのようなグローバル品種に慣れてしまっていると、最初ちょっと戸惑いますが、クセというか個性があって、面白いですよね。
ニューワールドにはない味わいがあります。

10度くらいが、冷えすぎてもなく、ワインのマイナスポイントもうまく隠せて、爽やかさもある最適な温度のようです。

気軽に計測できるワイン温度計、ホントに役立ってます。

今日の晩御飯は「ブリの照り焼き」。
ワインに合わないやつですね。

合わせてみると、距離感はあるものの、なんとなく受け入れてくれて、邪魔はしません。

和食だったら天ぷらとか、魚の塩焼き系が良さそうですね。
洋食は、白身魚のフライとか、チキンカツ。
パスタだったら魚介系でしょうか。

おつまみで「フォアグラパテ」に合わせてみたら、レバー独特の血の印象をカバーできないので、フィット感はイマイチ。
「クリームチーズ」には良く合いました。

最初に感じたマイナスポイントはだんだん薄らいで、最終的にはチャーミングで魅力的な味わいに変わってきました。

ワインだけでも美味しいですね。
ニューワールドの明るい派手な印象ではなく、はにかむようなチャーミングな魅力があります。

人に例えると、ちょっと頬を赤らめてうつむいている、素朴で愛らしい少女って感じ?
ローカル品種の持っている個性が、チャームポイントになっている、とても絶妙なバランスです。

ニューワールドでは味わえない、魅力をもっていますね。

1000円ちょっとだったらこれはありだと思います。

この生産者の他のワインも飲んでみたいですね。

1000~2000円のおすすめワイン

■楽天ショップへのリンク(これは同生産者のシャブリです)

【5,000円以上送料無料】フィリップダルジャンヴァル シャブリ 750ml

※サイトより引用
Philippe d’Argenval Chablis ブルゴーニュ最大手ネゴシアンのひとつ。
ライムやパイナップルのフルーティなアロマとミネラル感あふれる味わいで、なめらかな後味が長く続きます。

2017/03/11

ミッション・サン・ヴァンサン レゼルヴ ロゼ 2014

ミッション・サン・ヴァンサン レゼルヴ ロゼ 2014

ミッション・サン・ヴァンサン レゼルヴ ロゼ 2014
Mission Saint Vincent Bordeaux Rose 2014

フランス:ボルドー地方:A.O.C.ボルドー
アルコール度:12%
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

やまやで、1058円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:オレンジがかった、サーモンピンクのロゼ
濃淡:ロゼとしては中庸
粘性:弱め
外観の印象:若々しいが少し落ち着いのある印象

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>赤い実の果実、キャンディ、クランベリー
<香辛料・芳香・化学物質>グリーン系のスパイス、カラメル、ミネラル
香りの印象:第2アロマがつよい?

【味わい】
アタック:やや強め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):弱い(ドライ)
酸味:シャープな、爽やかな
タンニン分:軽め
バランス:しっかりした強さがある
アルコール度:強め
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
スパイシー

【評価】
辛口でしっかりした味わいだが、やや地味な印象

【供出温度】
10-13度 ドライで強めなので、あまり冷やさない方がいいかも

【グラス】
小ぶり、中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、オレンジがかったサーモンピンクのロゼで、キラキラした輝きがあります。

香りは弱めで、硫黄やミネラル、赤い実の果実、カラメル、グリーン系のハーブなど、あまり広がりません。

味わいは、やや強めのアタックから、しっかりした酸味と抑えた果実感がじわっと時間をかけて広がり、スマートなボディながらアルコールの強さを感じて、辛さと酸味が残るジューシーなフィニッシュ。

まっとうな感じのロゼですね。
正々堂々としていて、潔い感じですが、ちょっと面白みがないかも。

ワインだけで飲んでいると、ちょっと単調で飽きてそうですね。

若干香りに難がある??
グラスに注いだばかりのときに、微妙に腐臭のようなものがありました。

ロゼワインって「リゾート感」が欲しいですが、このワインは浮ついた感じはまったく無く、ビジネスライクで真面目な感じです。

今日の晩御飯は自家製の餃子。

合わせてみると、異質なものが手を組んで深みを出すような感じで幅が広がり、悪くないですね。
中華系は合いそうです。

バジルドレッシングのサラダは同じカテゴリでフィットします。

餃子にバジルドレッシングをかけてみたら、餃子自体が美味しくなくなり、これはダメですね。

飲み進むとちょっと魅力が出てきたかも。
温度が上がった方が味に深みがでますね。

「フォアグラパテ」を「ラスク」に乗せて合わせると、レバーの香りをフォローしきれずに距離感があり、「クリームチーズ」を「ラスク」に乗せて合わせるとすっと合います。

やや魅力に乏しい印象はあるもの、ベースはしっかりしていて、コストパフォーマンスは高いと思います。

1000~2000円のおすすめワイン

2017/03/10

マルケス・デ・ラ・エラドゥーラ テンプラニーリョ NV

マルケス・デ・ラ・エラドゥーラ テンプラニーリョ NV

マルケス・デ・ラ・エラドゥーラ テンプラニーリョ NV
MARQUES DE LA HERRADURA TEMPRANILLO NV

スペイン:南東部
アルコール度:12%
ブドウ品種:テンプラニーリョ主体

リカマン ショップの通販で12本セット6,480円、1本あたり540円で購入。
参考価格は、734円

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:強め
色調:若々しい紫がかった色調の濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:やや弱め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>赤い果実、茎っぽいグリーン香
<香辛料・芳香・化学物質>ケミカル、なめし革、血液
香りの印象:控えめ、第1アロマが強め、ややケミカル

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:やさしい、やや頼りない
タンニン分:弱い、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような、渇いた
アルコール度:弱い
余韻:短い

【フレーヴァー】
水っぽいフルーツ

【評価】
軽めで水っぽい、全体的に頼りない印象

【供出温度】
10度以下 ワイン自体に力が無いので、しっかり冷やして飲んだ方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の濃いルビーで、深い透明感と輝きがあります。

香りは弱くケミカルで、赤い実の果実、血液、なめし革など、若干閉じた印象。

味わいは、水っぽいくらい軽いアタックから、頼りない酸味とほのかな果実感がなんとなく広がり、痩せたボディで、そのままストンとフィニッシュ。

なんとも存在感の薄いワインです。
悪いやつでは無さそうですが、第一印象はハズレ。

今日の晩御飯は「チキンソテー照り焼きソース」。
ワインは弱いのに、何か食事に当たりますね。フィット感がありません。

「ドライカレー」があったので合わせてみると、これはそこそこ合いました。

弱いのに、そこはかとなワインらしさがあるので、食事はちょっと気を使いそうですね。

「ストリングチーズスモーク味」は、まったくワインと並行線でからみませんが、オリーブオイル、バジル、ブラックペッパーとか、つなぎがあると合いそうです。

「チョコビスケット」は思いのほか馴染みが良かったですね。

チョコレートは、普通のミルクチョコレートにもトリュフチョコにもバッチリ合います。
このワイン、渋みが弱いので、チョコレートとケンカしないで、ワインボンボンのような感じでフィットしますね。

イメージとしてはワンコインのレベル。
とにかく頼りなくて存在感が薄いので、物足りないのですが、傷んでいたり酸化していたりする感じはなく、素直な味わいです。

人に例えると、素直でいい人なんだけど、ものすごく頼りなくて面白みがない人みたい?

リピートしたいとは思わないタイプかな~。

■楽天ショップへのリンク

マルケス・デ・ラ・エラドゥーラ テンプラニーリョ[長S]

※サイトより引用
柔らかなタンニンのテンプラニーリョ
美しいルビー色。エレガントでフルーティーなアロマ。滑らかで、柔らかなタンニンが感じられます。

2017/03/09

チラノ シャルドネ 2016

チラノ シャルドネ 2016

チラノ シャルドネ 2016
Chilano Chardonnay 2016

チリ:セントラル・ヴァレー
アルコール度:12%
ブドウ品種:シャルドネ

ドン・キホーテで、462円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:少しオレンジがかった、イエロー
濃淡:中庸
粘性:弱め
外観の印象:若々しい、色づきが良い

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>キンモクセイ、熟した果実、パイナップル、ナッティ
<香辛料・芳香・化学物質>バタークリーム、硝煙
香りの印象:若々しい、開いている、第1アロマが強め

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:しっかりした、優しい
苦味:コク(深み)をあたえる
バランス:溌剌とした、まろやかな
アルコール:やや強め
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
熟した果実

【評価】
フルーティでカジュアルだけど、人工的な印象があり後味が良くない

【供出温度】
11-14度 リッチ系のシャルドネなので、あまり冷やしすぎない方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、若さはあるけどオレンジがかったイエローで、ギラギラした輝きがあります。

香りは、熟した果実、パイナップル、キンモクセイ、バタークリーム、硝煙など、リッチ系のシャルドネの印象。

味わいは、軽めのアタックから、引っかかるようなえぐ味のある果実感がパッと広がって、甘みと酸味があるものの、全体にえぐ味が覆ったような印象でフィニッシュ。

最初から最後までえぐ味があって、香りも人工的で、工場ワインって感じの味わい。
下手な化粧をされている、ゴージャスを目指したシャルドネ?

最初から最後までひっかかるような抵抗感があって、スーッと入っていきませんね。

低価格ワインとはいえ、第一印象はイマイチ。
完全にハズレって感じではありませんが、フツーに美味しくないですね~。

温度高めで飲み始めたので、冷やしてどう変わるか期待しましょう。

冷蔵庫で冷やしながら飲んでると、やはり温度低めの方が引っかかり感は少なくなりますね。

16度はまだ引っかかりますが、14度くらいになると、ピチピチ感が出てきて、えぐ味が爽やかさに変換されるみたいな感じ。
これは面白いですね。温度が低いと断然飲みやすくなります。

今日の晩御飯はコンビニ弁当の「マルゲリータ風チーズグラタン」。
コンビニ弁当の強い味に負けませんが、融和はなくて、ちょっとぶつかってクドさが増す感じ。

そう、このワイン過剰に味付けされた料理みたいな、クドさを感じるんですよね。

ワインのクドさを料理がフォローしてくれるような合い方になってます。

そういう点では、コンビニ食に良く合ってるのかも。
ダメなパターンのマリアージュですね。

時間が経つと、だんだん納得感が出てきました。

しっかり冷やしておけば、芯はしっかりしてるし、これはアリかな。
次の日も持ちそうですね。

冷やして飲む事を前提で、またリピートしてもいいかも。

1000円以下のおすすめワイン

2017/03/05

ブリケット トレッビアーノ NV

ブリケット トレッビアーノ NV

ブリケット トレッビアーノ NV
BRICCHETTO TREBBIANO NV

イタリア:エミーリア・ロマーニャ州:I.G.P.ルビコーネ
アルコール度:11%
ブドウ品種:トレッビアーノ

グルメシティで、861円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:ほぼグレーに近い、グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:淡い
粘性:弱め
外観の印象:若々しい、色づきが弱い

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>柑橘系、梨、青りんご、白い花、グリーン系ハーブ
<香辛料・芳香・化学物質>石灰のようなミネラル
香りの印象:若々しい、第1アロマが強い

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):弱い(ドライ)
酸味:しっかりした、爽やかな
苦味:穏やか
バランス:スリムな、フラットな
アルコール:やや強め(に感じる)
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
柑橘系のフルーツ

【評価】
フレッシュで爽やかな味わいながら、ややアルコールが浮き気味に感じる

【供出温度】
7度以下、8-10度 フレッシュで爽やかな味わいなのでしっかり冷やした方が良さそうだけど、ちょっとアルコール感があるのが気になるところ

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は淡く、ほぼグレーに近いグリーンがかったレモンイエローで、金属質な輝きがあります。

香りは、硫黄由来のミネラル、柑橘系、酸っぱい梨、青りんご、白い花、グリーン系のハーブなど、硫黄の影響を強めに感じます。

味わいは、ライトなアタックから、フレッシュで爽やかな柑橘系の果実味としっかりした酸味がじわっと広がり、甘み少なめのドライで、スレンダーなボディがスーッと続いた後に、アルコールが浮き気味に出てきて、軽いえぐ味のあるフィニッシュ。

最近、甘みのあるタイプが増えてきているので、このワインは、かなりドライに感じます。
ただ、フレッシュで爽やかな味わいなので、飲みづらさはありませんね。

ワインだけでもスーッと飲める感じで、爽やかで静か、落ち着いた印象で、パーティ的ではありません。
ただ、食事に合わせやすいかというとまたちょっと微妙かも。

飲み進むと、後味のアルコールの強さは馴染んで気にならなくなってきました。
シュール・リーのような酵母の旨み、みたいなものを感じるようになってきましたね。
甲州とかミュスカデに近い感じ。

今日の晩御飯は、デリバリーのピザ。
照り焼き味とかパイナップルの入ったやつとか3種類ありましたが、味が強いのでワインが完全に負けてしまいます。
ピザだから合うだろうって普通は思いますが、デリバリーのピザは味が強すぎてワインには合わないですよね。
シンプルな、マルゲリータとかだと合いそうですが。

開けてから時間が経つと、だんだん力が落ちてきました。
アルコール度も低めなので、早めに飲みきった方が良さそうです。

ニューワールドのようなメリハリやフルーティさを求めると、タイプが違ってがっかりするかと思いますが、穏やかで品のある伝統産地のワインが好きな人には好まれそう。

コストパフォーマンスはそこそこで価格なりな感じでしょうか。

■楽天ショップへのリンク
ブリケット トレッビアーノ 750ml [イタリア/白ワイン]

※サイトより引用
1963年に創立されたイタリアのエミリア・ロマーニャ州に拠点を置く大手ワイングループ。“リーズナブルでよい品質のワインを提供する”をポリシーに掲げる同社は急成長を遂げ、イタリアワイン生産量NO.2(2015年現在)の地位を獲得しました。最新鋭の設備から造り出されるワインは、陽気でカジュアルな高品質のイタリアワインとして世界各地の人々に愛飲されています。(イオングループ限定商品)果実味あふれるさわやかでフレッシュな香りと、グレープフルーツやメロンまた青りんごを思わせる味わいが印象的です。ワインだけでも楽しむことができますし、魚介類のパスタや鶏肉料理ともよく合います。(イオングループ限定商品)

■関連リンク(トップバリュー/イオン/グルメシティのワイン)


2017/03/04

29 Twenty−nine メイドフォーミート カベルネソーヴィニヨン 2015

29 Twenty−nine メイドフォーミート カベルネソーヴィニヨン 2015

29 Twenty−nine メイドフォーミート カベルネソーヴィニヨン 2015
29 Twenty−nine Made for Meat Cabernet Sauvignon 2015

南アフリカ:ウエスタン・ケープ
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン100%

グルメシティで、1058円で購入。

【外観】
清澄度:濃くてわからない
輝き:強め
色調:若々しい紫色のフチをした、濃いガーネット
濃淡:濃い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:弱め
特徴:
<果実・花・植物>黒い果実、ブラックベリー、メントール、白木、グリーン系スパイス
<香辛料・芳香・化学物質>ケミカル、なめし革
香りの印象:ケミカルな印象、やや閉じている?

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やかな、なめらかな
タンニン分:緻密、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:やや弱め(に感じる)
余韻:短い

【フレーヴァー】
チャーミングなフルーツ感とちょっとスパイス

【評価】
穏やかでまろやか、優しい味わいで後味にピリッとした渋みが残る

【供出温度】
14-16度、17-20度 少しヒンヤリしているとフレッシュな印象、温度高めだと優しく穏やかな味わいになる

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかったフチをした濃いガーネットで、底光りするような輝きがあります。

香りは、ケミカルな印象があり、なめし革、黒い果実、ちょっとメントール、グリーン系スパイスなどで、ちょっと閉じているかも。

味わいは、軽めのアタックから、穏やかな果実味と優しい酸味、ほんのり甘味がじわっと広がって、ミディアムボディでスーッと続き、まろやかな印象のまま軽い苦味を残したフィニッシュ。

肉専用ワインということで、ラベルデザインもハードで濃くて強そうな印象のデザインですが、実際飲んでみると、とても優しく穏やかですね。

南アフリカのワインって、特有の樽の印象や重い後味のものが多いですが、このワインは洗練されていてスマートな味わいです。

ラベルデザインが「いかつい」ので、ビス付きの革ジャンとか着ていてパンクだけど、ちゃんと挨拶して周囲に気を使うミュージシャン、みたいな違和感がありますね。

個人的に南アフリカワインはタイプじゃないのですが、まさかこんなに穏やかで洗練されているとは思いませんでした。

でも香りは良くないんですよね。
時間が経つと開いてくるかな?
まろやか過ぎて、飲み飽きてしまうタイプかも・・という心配もあります。

輸入果汁を使った国産ワインの「ニセモノ感」はありませんが、アメリカ産安ワインのようなツルツルに角が取れた、ファストフードワイン的な印象がちょっとあるかも。

今日の晩御飯は、自家製「ガパオライス」。
目玉焼きとか野菜が乗っているので、肉感は弱めですが、ワインとの相性は悪くないですね。

肉専用とうたいながら、スマートで控えめな印象なので、合わせる食事幅は広そうです。

デザートでフルーツケーキがあったのですが、生クリームにとても良く合いました。
乳製品とかフルーツとの相性も良さそう。

開けてから時間が経って、温度が上がってきて18度くらいになってもダレてこないので、ベースがしっかりしてるみたい。
コストパフォーマンスは悪くないと思います。

■関連リンク(トップバリュー/イオン/グルメシティのワイン)


2017/03/03

アンデス・キーパー カベルネ・ソーヴィニヨン NV (2017年購入)

アンデス・キーパー カベルネ・ソーヴィニヨン NV

アンデス・キーパー カベルネ・ソーヴィニヨン NV
ANDES KEEPER CABERNET SAUVIGNON NV

チリ・セントラルヴァレー産のブドウを使用したワイン原酒を日本で国内ボトリング
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体

セブンイレブンで、408円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:強め
色調:若々しい紫がかった色調の、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:やや弱め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:やや弱め
特徴:
<果実・花・植物>ジャム、香水っぽいフローラル、ちょっとメントール
<香辛料・芳香・化学物質>血液、肉、カラメル、ちょっと腐臭
香りの印象:ちょっと人工的、嫌な要素がある

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やか、はっきりした
タンニン分:サラサラした、やや弱め、収斂性がある
バランス:スマート、痩せた、渇いた
アルコール度:やや弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
スパイシー

【評価】
ライトでフレッシュな味わいながら、キレがなく後味が重い

【供出温度】
14-16度 軽くても渋みと苦味があるので、あまり冷やしすぎない方がいいのでは

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の、少し透明感のある濃いルビーで、底光りするような輝きがあります。

香りは、血液、生肉、ちょっと腐臭?、ジャム、カラメル、やや人工的なフローラル、シナモンなどがあって、時間とともに生木のような嫌な感じが出てきました。

味わいは、ライトなアタックから爽やかな果実感と酸味がパッと広がるものの、そのままストンと落ちて、後味にえぐ味と苦味が残るフィニッシュ。

価格が価格なので、あまり厳しいことは言えませんが、あまり良いワインではないかな~。
ふっと腐臭のような香りがあって、さらに人工的な感じもあります。

今日の晩御飯はコンビニ弁当の「バターチキンカレー」と「ポテトサラダ」。
合わせると、とたんにジュースのようになりますね。
ゴクゴク飲んでしまうので、ちょっと危ないかも。

赤ワインには普通合わない、惣菜のポテトサラダにもとても良くフィットします。

ワインだけだとイマイチでしたが、食事に合わせると良さが出てきますね。
ジュースっぽいけど、ギリギリワインらしさもあって、素直な印象です。

食事が一緒だと、悪い要素が裏に隠れて分からなくなるからのようです。

ちょっと人工的で、シンプルすぎて物足りないけど、マイナスポイントは少なく飲みやすいので、この価格ならまあOKのレベルではないでしょうか。

■関連リンク(セブンイレブンのワイン)


2017/02/28

センシィ ボルゴシプレッシ ビアンコ NV(2017年購入)

センシィ ボルゴシプレッシ ビアンコ NV

センシィ ボルゴシプレッシ ビアンコ NV
SENSI BORGO CIPRESSI BIANCO NV

イタリア:地理的表示無し
アルコール度:12.5%
ブドウ品種:不明

ローソンで、575円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:オレンジがかった、イエロー
濃淡:やや濃い
粘性:やや強め
外観の印象:酸化熟成のイメージ

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、洋ナシ、ハチミツ、ヘーゼルナッツ
<香辛料・芳香・化学物質>硫黄由来のミネラル、ちょっと傷んだ植物油
香りの印象:開いている、酸化熟成が始まっている

【味わい】
アタック:やや弱め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:しっかりした、力強い
苦味:穏やかな
バランス:スリムながら、酸化によるひっかかりがある
アルコール:やや弱め
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
酸化した酸っぱいリンゴ、シードル

【評価】
完全に酸化が進んでいて、酸っぱくて収斂性がある。

【供出温度】
7度以下、8-10度 コンディションが良くないので、しっかり冷やして飲んだ方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、オレンジがかった濃いめのイエローで、酸化の印象があります。

香りは、硫黄、ミネラル、傷んだ植物油、白い実の果実、洋ナシ、ヘーゼルナッツなど、良い要素と悪い要素がいろいろ混ざっています。

味わいは、ライトなアタックから、酸化したすっぱい果実感が広がった後に、えぐ味と苦味がキューッと締まるように出てきて、そのままフィニッシュ。

センシィのボルゴシプレッシは、私の中では信頼のブランドだったのですが、今回は完全にアウト。
店舗の管理だけでこんなに悪くならないと思うので、すでに出荷時には酸化が進んでいたのでは、と思われますね。

ラベルデザインも変わって期待していただけに、これはガッカリ。。。

でもこういった酸化が進んだワインって食事に合わせると良くなったりするので、そこに期待してもう少し飲み進んでみましょう。
温度高めで飲み始めましたので、冷やして温度が下がってきたらちょっと飲みやすくなるかもしれません。

今日の晩御飯は、冷凍パスタの「白ワイン仕立てペスカトーレ」と「コーンサラダごまドレッシング」。
このワイン、ドジっ子アイドルみたいな、「ダメなだけどなんだか可愛らしい」キャラに変わってきましたね。
冷凍のペスカトーレにもとても良くフィットします。

ごまドレッシングのコーンサラダにも、すっとフィットしました。

ポテンシャルはなかなかスゴイものがありそうなのですが、やはりコンディションが悪い。。。

ちなみに、このワインのせいかどうかは不明ですが、次の日に激しくお腹を下してしまい、残ったワインは飲まずに捨ててしまいました。

瓶の色が濃くてワインの色を店頭で確認できないんですよね。
また来年くらいに違うお店で買って飲んでみようかな。

■関連リンク(ローソンのワイン)


2017/02/26

レゼルヴ ドゥラトゥール シャルドネ 2014

レゼルヴ ドゥラトゥール シャルドネ 2014

レゼルヴ ドゥラトゥール シャルドネ 2014
Reseruve Delatour Chardonnay 2014

フランス:ラングドック・ルーシヨン地方:I.G.P.ペイ・ドック
アルコール度:12。5%
ブドウ品種:シャルドネ

リカーランドトップで、税抜き740円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:ほんのりオレンジがかった、イエロー
濃淡:中庸
粘性:やや強め
外観の印象:若干オレンジがかっているのが気になる

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>梨、白い実の果実、青りんご、グリーン系ハーブ、菩提樹
<香辛料・芳香・化学物質>貝殻っぽいミネラル
香りの印象:第1アロマが強め、シャルドネっぽくない

【味わい】
アタック:やや軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘みとアルコールのボリューム感
酸味:爽やか
苦味:後味に強めに残る
バランス:溌剌とした、強さがある
アルコール:それほど強くないが、浮いている分強く感じる
余韻:苦味を伴って長めに続く

【フレーヴァー】
グレープフルーツや夏みかんのようなフルーツ

【評価】
スッキリした爽やかな飲み口だが、苦味が強くアルコールが浮き気味に出てきて、後味は辛くて苦い。

【供出温度】
11-14度 冷えていると苦味が強めに感じるので、冷やしすぎないくらいが良さそう

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は少し淡く、ほんのりオレンジがかったイエローで、輝きはあるけどちょっと地味な外観。

香りは、固くて酸っぱい梨や、青りんご、貝殻のようなミネラル、グリーン系のハーブやフローラル、時間が経つとハチミツや硝煙のようなシャルドネらしさも出てきました。

味わいは、ライトなアタックから、爽やかでスッキリした果実感と甘みがパッと広がり、スマートでスレンダーなボディで、苦味が強めに出てきてアルコールの影響と重なり、辛いフィニッシュ。

飲みくちの爽やかさやスッキリ感はとても良いのですが、苦味とアルコールの印象が強くて、やや荒っぽいまとまりですね。

ただ、このあたりは飲み進むと変わってくるかもしれません。

と・・飲み進んでいると、少し時間が経つと、後味の辛さが気にならなくなってきました。
緊張感をもった張りのある味わいで、なかなか面白いワインだと思います。

ワインだけでも美味しく飲めるのですが、フルーツ感も甘みも抑制が効いていて、ニューワールドとはまた違う伝統産地のアプローチですね。
ひとクセというか、文化的なニュアンスというか、ワインを文化として捉えているような印象があります。

ニューワールドのワインはすっかり定着しましたが、やはり伝統産地のワインは常に先を歩み、提案し続けているような印象があります。

今日の晩御飯は、「ポークチャップ風の肉野菜炒め」。
このワインは主張がやや弱めなので食事との相性は良く、ピッタリフィットする感じではありませんが、特に問題もありませんでした。

時間が経って温度も上がってくると、果実味が主張してきましたね。

おつまみの「ドライフルーツ」や「ビーフジャーキー」にも大人な対応で合わせてきます。

グラスが空になると樽の香りが残りますね。
この上品な樽の使い方は、やはり伝統産地のワインの方が進んでいるように思います。

開けてから6時間くらい過ぎると、ちょっと酸っぱくなってきましたが、伝統産地のプライドを感じるワインだと思います。

人に例えると、しっかりしたアイデンティティを持っているけど、周りに柔軟に合わせて大人な対応が出来る、大人の女性って感じ?

コストパフォーマンスは高いと思います。

■楽天ショップへのリンク

レゼルヴ ドゥラトゥール シャルドネ 2014 白ワイン 750ml 金賞受賞Reserve Delatour Chardonnay 12.5% 750ml

※サイトより引用
フランス白ワイン愛好家大注目!造り手のAMIEL社はラングドック・ルション地方のAUDE県Trebesにあり、近くには観光地として有名なCARCASSONNE(カルカソンヌ)があります!協同組合で、現在の経営者は3代目です!組合には30社のブドウ農園が所属、その中から最も優良な“ブドウジュース”を購入し、ブレンド、ボトリングを行います!ボトリング工場もそれぞれのワインの特色に合わせて選定しています!各ブドウ農園は毎年有名なコンクールに出品し、多くの金賞を受賞しています!ブドウは良い区画のブドウを選定して使われ、醸造方法は伝統的で、アルコール発酵はタンクの中で行われます!色調は淡いレモンイエロー!香りは柑橘系の果実やフローラル香がし、味わいは酸味とアルコールのバランスが良い白ワインです!魚介類のグラタンなどと合わせてどうぞ!
見事!パリ農業コンクール2015年金賞受賞!
柑橘系の果実やフローラル香に酸味とアルコールのバランスがとても良い辛口白ワイン!

2017/02/25

ル・ナチュレル 2014

ル・ナチュレル 2014

ル・ナチュレル 2014
LE NATUREL 2014

スペイン:北部地方:D.O.ナバーラ
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:ガルナッチャ主体

OKストアで、税抜き999円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若々しい紫がかった色調の、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:やや強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>百合っぽいフローラル、ヴェジェタル、黒い果実
<香辛料・芳香・化学物質>やや麝香、なめし革、樹脂、血液
香りの印象:開いている、少し酸化熟成が始まっている

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):弱い(ドライ)
酸味:シャープな、爽やかな
タンニン分:サラサラした、シルキーな
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:やや弱め
余韻:長めに続く

【フレーヴァー】
ややヴェジェタルなスパイス

【評価】
独特なビオ臭があるが、ナチュラルでスマートな味わい

【供出温度】
10-13度、14-16度 ちょっとヒンヤリしているくらいが良さそう

【グラス】
小ぶり、中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の濃いルビーで、深い透明感と輝きがあります。

香りは、ちょっと強めのフローラル、黒い果実、なめし革、血液、などがありますが、時間とともに悪い方のビオ臭が出てきました。

味わいは、ライトなアタックから、上品な果実感がふわっと広がり、スマートな印象がスーッと続いて、軽い苦味と旨みがじわっと残るフィニッシュ。

いわゆるビオ臭のような悪臭系の香りを持っていて好みが分かれそうですが、ただ、味わいはとてもスマートでスムース。上品で旨みがあります。

今日の晩御飯は自家製の「マフィンバーガー」。
マフィンに、自家製ハンバーグ、炒めたオニオン、トマト、レタスにデミグラスソースとマスタードです。

シンプルな味ですが、ワインも軽めなので、相性は悪くありません。
ただ、レタスやトマトが肉とのバランスを取っているので、ワインの出番が無い感じ。
横からちょっかい出すような合い方です。

茂蔵の「ドライフルーツ」は砂糖が多めについているで、ワインが苦く感じますが、フルーツとの相性は良いですね。

「テングビーフジャーキー」はワインがフレッシュ過ぎてちょっと浮きますが、悪くありません。

ちょっと醗酵している感じで、マッコリやどぶろくのようなピチピチした感じがありますね。
まだ酵母が生きているのでしょうか。

飲みくちはとてもスマートでナチュラルで良いのですが、いわゆる糞尿系のビオ臭があって、人によっては全然ダメでしょうね。

1000円でビオワインテイストが飲めるという点では、貴重なワインだと思います。

人に例えると、見た目を気にしない、自由奔放で、素直で心がキレイな女性って感じ?
女優の門脇麦さんをイメージしました。

個人的には好きなタイプですね。
1500円くらいまでならコストパフォーマンス高いかな。

■楽天ショップへのリンク

ル・ナチュラル [2013] 750ml<ワイン>【12本まで1個口配送出来ます】完全無添加 オーガニック 赤 スペイン [10ap17am]

※サイトより引用
このワインこそ完全無欠なる無添加ワイン
無添加がうたえるのは、40mg/1L以下のSO2量のワイン。
ビールでも、日本酒でも、ウイスキーでもすべてのアルコール醸造の際にSO2は副産されます。
SO2とは亜硫酸分子の事で、酸化防止剤を計測する数値の元の分子です。
亜硫酸はアルコール発酵を止め、ワインを安定させ、酸化を防止し、抗菌力にすぐれたミラクルな添加剤で、決して悪の添加物とは、まるまる考えませんが、自然のままの完全な無添加ワインを造ってみたいと、スペインの若きワイン指導者リカルドの挑戦したワインです。
その反面、大変な技術が必要になります。更に醸造中に自然と出るSO2すらも極小にする為、醸造期間を極限に短く、1Lあたり10ml以下のSO2ワインが完成しました。
一昨年、リカルドにワイナリーでテストして飲んで欲しい挑戦ワインとして、提案があり「もっと酸を抑えないと売れないよ」と提言したことを覚えています。
その1年ちょっとで素晴らしいワインになりました。
やはり、流石の天才です。

2017/02/24

ラビーナ ティント 2015

ラビーナ ティント 2015

ラビーナ ティント 2015
Lavina Tinto 2015

スペイン:カタルーニャ州:D.O.カタルーニャ
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:メルロー、テンプラニーリョ

ドン・キホーテで、税抜き598円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:強め
色調:若々しい紫がかった色調の、濃いガーネット
濃淡:やや濃い
粘性:やや強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:やや弱め
特徴:
<果実・花・植物>茎っぽいグリーン香、ジャム
<香辛料・芳香・化学物質>血液、なめし革、濡れた犬、アルコール
香りの印象:ややケミカル、少し還元的?

【味わい】
アタック:やや軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖の甘み
酸味:爽やかな、はっきりした
タンニン分:収斂性のある、サラサラした
バランス:スマートな、渇いた、痩せた
アルコール度:やや弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
フルーティでスパイシー

【評価】
ライトでフルーティなカジュアルな味わいだが、タンニンが強く収斂性があり後味は乾く

【供出温度】
14-16度 渋みが強いのであまり冷やしすぎない方が良いかも

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の濃いガーネットで、底光りするような透明感と輝きがあります。

香りは、ケミカルで重く、茎っぽいグリーン香、なめし革、血液、動物臭、ジャム、時間が経つとカンロ飴のような香りが出てきました。

味わいは、軽めのアタックから、フルーツ感と甘み、爽やかな酸味がじわっと広がるものの、その後に強いタンニンがキューッと締めてきて、えぐ味の残る乾くフィニッシュ。

カジュアルな味わいですが、かなりタンニンが強めですね。
渋いワインが苦手な人はダメかも。

今日の晩御飯は、ドン・キホーテの「チキンカツカレー」。
カレーと合わせても主張する強いワインで、しっかりと存在感が残ります。

バチバチ当たるような合い方ですが、悪い仲間みたいな感じで割と良いかも。

おつまみで「テングビーフジャーキー」に合わせると、これもまた悪い仲間みたいな合い方をしますね。

カジュアルでフルーティなんですが、重いのが気になりますね。
いい意味の重さじゃなくて、テンション上がらない重さ。

テンプラニーリョのワインって時々こういった陰鬱な重さ、みたいな感じがありますが、このワインも、一見明るく装っているけど、実は暗いみたいな感じがあります。

肉系に合わせるとますます重くなるので、ドライフルーツとかがいいのかも。
ワインだけど、果実味を加えたくなります。

一般受けするタイプでは無いので、渋いワインが好きな人は試してみてはいかがでしょうか。

1000円以下のおすすめワイン

2017/02/22

フィンカ・ラ・エスタンケラ 白 NV

フィンカ・ラ・エスタンケラ 白 NV

フィンカ・ラ・エスタンケラ 白 NV
Finca La Estanquera Blanco Seco NV

スペイン:地理的表示無し
アルコール度:11.5%
ブドウ品種:不明

ドン・キホーテで、税抜き298円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:少しオレンジがかった、イエロー
濃淡:淡い
粘性:弱い
外観の印象:若い、軽い、ちょっと酸化のイメージ

【香り】
第一印象:弱め
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、過熟した印象、洋ナシ、リンゴ
<香辛・芳香・化学物質>石灰、ミネラル、硫黄
香りの印象:酸化のイメージ、やや人工的

【味わい】
アタック:弱い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:やさしい、やや頼りない
苦味:穏やか、やや頼りない
バランス:弱い、水っぽい
アルコール:弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
水っぽい

【評価】
水っぽいくらい軽くて頼りないが、飲みやすい

【供出温度】
7度以下 しっかり冷やして、ごまかして飲む

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、オレンジがかった淡いイエローで、少し輝きがあるものの、地味な印象。

香りは、酸化の印象があり、白い果実、過熟した果実、硫黄、ケミカル、などちょっと人工的な印象。

味わいは、水っぽいくらい軽いアタックから、頼りない果実感や酸味が中途半端に広がり、そのままストンと落ちてえぐ味のあるフィニッシュ。

この価格なので期待はしていませんでしたが、まあ飲めるかなって程度でしょうか。
安いワインを飲みなれていない人は、まったくダメだと思いますが、全体的に素直なまとまりで、悪いやつではない、って感じです。

今日の晩御飯は、ドン・キホーテの「あさりの和風パスタ」。
何とも言えない低レベルなフィット感ですが、とても相性がいいですね。

このワイン、食事が入るとちょっとチャーミングな表情を見せます。

なんだか、食事のレベルが低いせいか、ワインが良く思えてきました。
水っぽいくらい軽いけど、憎めないキャラというか、素直でいいやつです。

おつまみで「ベビースターラーメンおつまみ」に合わせると、ワインが後ろに回ってほとんど消えてしまいます。

ただやっぱり、グラスを口に近づけたときの香りが良くないので、気分的には落ちますね~。

安いのは魅力的ですが、飲んでて幸せ感が無いので、リピートしたいタイプではないかも。

1000円以下のおすすめワイン

2017/02/21

サンティアゴ ソーヴィニヨン・ブラン NV (2017年購入)

サンティアゴ ソーヴィニヨン・ブラン NV

サンティアゴ ソーヴィニヨン・ブラン NV
SANTIAGO SAUVIGNON BLANC NV

チリ:セントラル・ヴァレー:クリコ・ヴァレー
アルコール度:13%
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン

グルメシティで、494円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:少しオレンジがかった、イエロー
濃淡:中庸
粘性:やや強め
外観の印象:ちょっと酸化熟成の印象

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>熟した果実、ナッティ、リンゴのコンポート
<香辛・芳香・化学物質>硫黄、バタークリーム、硝煙、ミネラル
香りの印象:木樽の影響?ちょっと酸化の印象

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):弱め(ドライ)
酸味:しっかりした、強め
苦味:コク(深み)を与える
バランス:スリムな、ドライな、当たりが強い
アルコール:やや強めに感じる
余韻:短い

【フレーヴァー】
酸っぱくて固い果実

【評価】
ドライで果実感弱め、アルコールが強めに出て辛い印象

【供出温度】
8-10度 ドライで辛いので、あまり冷やしすぎない方が良いかも

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、オレンジがかった中庸なイエローで、ギラギラした輝きがあります。

香りは、熟した果実、硝煙、ナッツ、バタークリーム、加熱したリンゴ、などちょっとシャルドネっぽい感じです。

味わいは、軽めのアタックから、柑橘系の果実感としっかりした酸味がじわっと広がり、ドライでスマートなボディの後に、アルコールの辛さが出てきて、乾く印象でフィニッシュ。

前回飲んだ時は、
青りんごや柑橘系、グリーン系のハーブなどソーヴィニヨン・ブランらしい香り。
爽やかな果実感と酸味、甘みのある、フレンドリーでフレッシュなまとまり。
という印象でしたが、今回は大分違いますね。

まず香りがシャルドネっぽい、熟した果実香やバタークリームのような印象があって、飲みくちも甘みが少なくて、ドライで強めの味わいです。

店頭で酸化熟成してしまった、という可能性もありますが、チリのワインって表示品種以外に25%は他の品種が使って良いので、時間が経つとブレンドしているシャルドネが主張しだす、という可能性もありますね。

ただまあ、これはこれで悪くないです。
税込みワンコインのなかでは、しっかりしていてブレがなくて、傷んでたりケミカルだったりなどの悪い要素はほぼありません。

最初、温度がやや高めだったのですが、冷蔵庫で冷やしてみると、爽やかさがちょっと出てきました。

今日の晩御飯は、ちょっとスパイシーな「鶏天」。
少し苦味が強めに出るものの、とても良く合いました。

このワイン、ドライでフルーツ感が控えめなので、食事には合わせやすそうです。
ただ苦味が強いので、ゴーヤとか苦味があるメニューはダメでしょうね。

おつまみで「ベビースターラーメンおつまみ」に合わせると、このクラスのワインでもプライドが許さないって感じ?
というか、このワイン意外と正統派で、真面目な感じなので、パーティワインよりは食事に合わせるタイプみたい。

飲み進むとだんだん爽やかさが出てきました。
ただ、香りはあまり良くないですね。ちょっと腐臭のようなものが出てきたかも?

フレッシュで、ストレート、素直な印象で、コストパフォーマンスは高いと思います。

■関連リンク(トップバリュー/イオン/グルメシティのワイン)


2017/02/19

シャトー・ベルリエール 1998

シャトー・ベルリエール 1998

シャトー・ベルリエール 1998
Chateau Berliere 1998

フランス:ボルドー地方:A.O.C.モンターニュ・サンテミリオン
アルコール度:12.5%
ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%

OKストアで、税抜き1250円で購入。

【外観】
清澄度:かすかに濁った
輝き:強め
色調:オレンジがかった、ややレンガ色
濃淡:少し透明感がある
粘性:強い
外観の印象:熟成した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>ドライフルーツ、干しぶどう、ドライフラワー、腐葉土
<香辛料・芳香・化学物質>燻製肉、オリエンタルスパイス
香りの印象:熟成感がある、開いている

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):わずかに残糖の甘み
酸味:なめらかな、はっきりした
タンニン分:シルキーな、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような、芯の強さがある
アルコール度:やや強め
余韻:長めに続く

【フレーヴァー】
熟成感のあるスパイシー

【評価】
軽めのボディながら、しっかり熟成感を味わえる。香りはちょっと微妙。

【供出温度】
14-16度 熟成感を楽しむには温度高めの方が良いが、香りがイマイチなので、ちょっとひんやりしてるくらいが良さそう

【グラス】
中庸

【デカンタージュ】
飲む30分前くらいにデカンタージュしておくと香りが開くかもしれないが、力がないので一気に酸っぱくなる可能性もあり

【総評】
外観は、熟成感の進んだレンガ色に近いやや濃いルビーで、底光りするような輝きとツヤがあります。

香りは、ドライフルーツや干しぶどう、ドライフラワー、オリエンタルスパイス、温度が上がってくると少しケミカルな印象があり、ちょっとブショネっぽさや麝香のような悪臭系の要素もあります。

味わいは、優しく軽いアタックから、熟成感のある深い果実感と穏やかな甘み、優しい酸味が、じわっと時間をかけて広がり、スレンダーで上品なボディがすーっと流れるように続いて、じわっと旨みを残すフィニッシュ。

冷蔵庫で冷やしてあったので、かなり温度低めから飲み始めましたが、温度が上がって空気に触れてくると、どんどん良くなってきました。

こういうお買い得な蔵出しビンテージワインって、外れるケースもありますが、このワインの第一印象は当たりです。
最初ちょっとブショネっぽいかなと思ったけど、大丈夫みたい。

やっぱり熟成感のあるワインっていいですよね~。

カジュアルで美味しいワインはたくさん出てきましたが、ワインの深みを感じる熟成した味わいは、安いワインではなかなか味わえません。

19年前のワインにしてはまだまだ若さがありますが、これはシャトー蔵出しだからでしょうね。
このボディで普通にビン詰めして19年経ったら、もうビネガーになってますね。

ワインを寝かしておくということは場所も必要で、やはりコストがかかりますから、このワインが1000円台前半で売っているってのは微妙に訳ありな感じがします。

熟成感はあるけど基本的にはカジュアルで、シンプルで深みはありませんが、芯はしっかりしている感じです。

今日の晩御飯は、「ひき肉と大根の煮物」。
熟成したワインって、醤油との相性がいいので、和食によく合いますよね。

ひき肉はもちろん、大根も良く合いました。

「トリュフチョコ」に合わせると、油脂分との相性はいいののの、カカオとタンニンがバッティングして、最終的には苦味が強めに出てしまいます。

時間が経つと酸っぱくなってきますが、1000円台前半で熟成感のあるワインを楽しめるという点では貴重なワインだと思います。

■楽天ショップへのリンク

【お買い物マラソン】 シャトー ベルリエール 1998 モンターニュ・サンテミリオン 750ml

※サイトより引用
完熟したベリーの香りが上品に広がり、なめらかなタンニンとのバランスに優れた果実味に富んだワイン。
土壌:粘土石灰質
飲み頃温度:14~16℃
味わい:赤/ミディアムボディ

2017/02/18

エル・グリル トロンテス 2015

エル・グリル トロンテス 2015

エル・グリル トロンテス 2015
EL GRILL TORRONTES 2015

アルゼンチン:地理的表示無し
アルコール度:11.5%
ブドウ品種:トロンテス

OKストアで、税抜き798円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:淡い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、色付きが弱い

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>ライチ、パイナップル、南国系果実、キンモクセイ、グリーン系ハーブ
<香辛・芳香・化学物質>クリーム、張りのあるミネラル
香りの印象:アロマティック、第1アロマが強い

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やかな、シャープ
苦味:後味に強めに残る
バランス:スリムな、溌剌とした
アルコール:やや強め
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
グレープフルーツのような爽やかな柑橘系

【評価】
レモンを絞ったような、フレッシュでシャープな味わい、トロンテスっぽくない

【供出温度】
7度以下、8-10度 シャープで爽やかな味わいを楽しむには温度低めが良さそうだけど、温度が上がったときも興味がある

【グラス】
小ぶり、中庸

【総評】
外観は淡く、グリーンがかったレモンイエローで、輝きは弱めでシンプル。

香りはアロマティックで、ライチ、パイナップル、南国系果実、グリーン系ハーブ、ミネラル、クリーム、キンモクセイなど、華やかな印象です。

味わいは、ライトなアタックから、シャープな果実味と酸味が一気に口の中に広がり、ドライでスレンダーなボディで、えぐ味と苦味があるものの、強い酸味が最後まで残ってジューシーなフィニッシュ。

こんなに酸っぱいトロンテスは初めてですね。
もっと平和な果実感をイメージしてましたが、かなり挑戦的でシャープな味わいです。

今日の晩御飯は、「鶏肉のホワイトシチュー」。
シチューがソフトな味わいなので、ワインが強めに出て、フィット感はありません。

レモンを絞ると美味しい食事、フライとかグリルみたいなものが良さそうですね。

このワインのコンセプトが「グリル料理と合わせるワイン」なので、レモンを絞ったような合い方なんでしょうね。
グリル料理に白ワインってのが不思議でしたが、レモンを絞ったような合い方という点では納得です。
確かに、シンプルに焼いた鶏のモモとか良く合いそうな気もします。

実にシンプルな味わいで、人に例えると、一本気で邪心のない、真面目で爽やかな若者、って感じでしょうか。

それにしてもブラインドで飲んだら、香りでは、ゲヴュルツトラミネールとかトロンテスって思っても、口にふくむとトロンテスとは思わないでしょうね。

ゲヴュルツトラミネールは最近、コノスルなどでもカジュアルなタイプが増えてきましたが、トロンテスにもその波が来てるって事でしょうか。
新しい時代を感じさせるトロンテスです。

■楽天ショップへのリンク

トリヴェント エル グリル トロンテス 白 750ml【アルゼンチンワイン】shibazaki_EGT

※サイトより引用
バーベキュー大国よりグリル料理によく合うワイン
マスカットやオレンジの花を連想させる華やかで鮮やかな香りと、ハチミツやジャスミンティーのニュアンス。 フレッシュでイキイキとした口当たりと、ハツラツとした酸が特長の、果実味溢れる辛口白ワインです。

2017/02/17

チラノ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015

チラノ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015

チラノ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015
CHILANO CABERNET SAUVIGNON 2015

チリ:セントラル・ヴァレー
アルコール度:13%
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

ドン・キホーテで、税抜き428円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若々しい紫がかった色調の、濃いガーネット
濃淡:やや濃い
粘性:やや弱め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>赤い実の果実、ちょっとキャンディ、ウッディ
<香辛料・芳香・化学物質>肉、血液
香りの印象:若々しい、ちょっとケミカル

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:なめらか、優しい
タンニン分:サラサラした、溶け込んだ
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:やや弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
スパイシー

【評価】
ライトでフルーティだが、甘みと渋みがやや重い印象になっている

【供出温度】
10-13度 温度が高いと重い印象になるので、冷やして飲んだ方が良さそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の濃いガーネットで、底光りするような輝きがあります。

香りは、赤い実の果実、血液、肉、茎っぽいグリーン香、ウッディ、とやや重く、時間が経つとカラメルの印象が出てきました。

味わいは、ライトなアタックから、チャーミングな果実感と甘みがふわっと広がり、甘みとタンニンがややのしかかるような重さになって、えぐ味のある、重い印象でのフィニッシュ。

ライトボディなのですが、香りも味わいも全体的に鈍調で鈍い印象の重さがありますね。

今日の晩御飯はコンビニ弁当の「バターチキンカレー」。

合わせるととたんに、ワインが出来損ないのような印象になってしまいました。
ちょっとアラがでるのかも。

ワンコインをさらに下回る価格なので、コストパフォマンスは悪くないと思います。

1000円以下のおすすめワイン

2017/02/15

メルシャン ワールド・セレクション オーストラリア産シャルドネ NV

メルシャン ワールド・セレクション オーストラリア産シャルドネ NV

メルシャン ワールド・セレクション オーストラリア産シャルドネ NV
Mercian World Selection Chardonnay from Australia NV

オーストラリア産ワインを日本でボトリング
アルコール度:13%
ブドウ品種:シャルドネ

リカーランドトップで、税抜き369円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:弱め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:やや淡い
粘性:弱め
外観の印象:若々しい、色付きが弱め、大人しい外観

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、なし、甘い柑橘系
<香辛・芳香・化学物質>はちみつ
香りの印象:若々しい、第1アロマが強め、ちょっと人工的

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やか、やや弱め
苦味:控えめ
バランス:スリムな、溌剌とした
アルコール:弱い
余韻:短い

【フレーヴァー】
やや水っぽい果実感

【評価】
水っぽいくらいの軽さながら、全体的なバランスは悪くない

【供出温度】
7度以下 温度低いと味がしないタイプだけど、冷やしてスイスイ飲むのようなキャラクター

【グラス】
小ぶり

【総評】
外観は、グリーンがかったやや淡いレモンイエローで、輝きは弱めです。

香りは弱く、白い実の果実、みかんのような柑橘系、はちみつ、など果実感が中心で、温度上がってくると硝煙などの印象が出てきました。

味わいは、水っぽいくらい軽いアタックから、柑橘系の果実感と甘み、酸味が爽やかに広がり、頼りないヒョロヒョロしたボディでストンと落ちて、えぐ味と苦味を残したちょっとひっかかるようなフィニッシュ。

とにかく軽いですが、なんか強制的にまとめられてるような印象で、ヌケ感とかハッピー感は少なめでしょうか。
国産ワイン的な工業製品っぽいまとまりで、味の素みたいな余計な添加物が入っているような印象なんですよね。

ただ、いままでの国産ワインよりはワインらしさを感じます。

今日の晩御飯は、ちょっと辛めの「麻婆豆腐」。
甘みとフルーツ感がフィットしないものの、ワイン自体の主張が少ないので食事の邪魔はしません。

軽いのですが、あまり食事に合わせやすい感じではないかも。

飲み進むと、マイナス要素が消えてきて、だんだんいい感じになってきました。
この価格だったら全然ありかもですね。
少なくとも国産ワインよりは全然いいと思います。

冷蔵庫に入れて、次の日に飲んでみたら、だいぶ酸っぱくなっていました。
もともと力のないタイプなので、あまり日持ちはしないようですね。

■楽天ショップへのリンク

【送料無料】【メルシャン ワイン】ワールドセレクション シャルドネ フロム オーストラリア  12本セット・ケース販売 オーストラリアワイン/白ワイン/辛口/720ml×12【まとめ買い】【ケース売り】【業務用】【セット】【メルシャンワイン】

※サイトより引用
オーストラリアの赤みを帯びた土壌で育ったシャルドネを使用しています。もぎたてのフルーツをほお張ったような、生き生きとした酸味が口いっぱいに広がります。
手軽な価格でオーストラリアワインの魅力を味わっていただけるワールドセレクション シャルドネ フロム オーストラリア をケース販売にて日本全国送料無料にてお届け、送料、消費税コミコミの大感謝価格です!
手軽に楽しんでいただけるデイリーをお探しの方には超オススメです。あと気取らない食事を出すビストロのハウスワインにもうってつけ!抜栓翌日もヘタることなく美味しく戴けます。

2017/02/13

ズールー レッド NV(2017年購入)

ズールー レッド NV

ズールー レッド NV
ZURU DRY RED NV

南アフリカ:ウェスタン・ケープ
アルコール度:13%
ブドウ品種:不明

リカマン ショップの通販で12本セット6,480円、1本あたり540円で購入。
参考価格は、734円。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若さがあるもののちょっと地味な色調の、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>干しぶどう、プルーン
<香辛料・芳香・化学物質>アルコール
香りの印象:ポートやシェリーのような印象

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:爽やかな、はっきりした
タンニン分:弱め、サラサラした
バランス:スマートな、渇いた
アルコール度:弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
ジャムっぽい果実

【評価】
ライトですっきりカジュアルにまとまっているけど、酒精強化ワインのような印象が気になる

【供出温度】
10度以下 温度が上がってくるとアラがどんどん出てきそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若さのある紫っぽい色調ながら、やや地味な色調の濃いルビーで、液面のツヤと輝きはあります。

香りは、温度が低いせいか弱く、プルーンやポートワインのような果実感、生っぽいアルコール、温度が上がるとカビっぽいケミカル、全体的に弱く、よくありません。

味わいは、ライトでスッキリしたアタックから、小ぶりな果実感とほんのりした甘み、爽やかな酸味がスーッと広がり、スマートでクールな印象が続いて、そのまま渋みもえぐ味も軽めのまま、ジューシーなフィニッシュ。

香りは良くないですが、味わいはスッキリとクールで良いですね。
ただ、温度がかなり低めの状態で美味しいので、温度が上がるとマイナス面が出てきそうな感じ。

温度が上がると、ケミカルだったり、ちょっと腐臭のような香りも出てきそうだけど・・・
キンキンに冷えていたら大丈夫、ってホントに大丈夫なの????

今日の晩御飯は、自家製の「メンチカツ」。
中濃ソースと和がらしでいただきます。

ワインが軽めなので、相性はいいですね。
爽やかさを与えてくれて、料理を持ち上げてくれます。

軽めで主張もしないので、食事との相性は広そうです。

バレンタインでもらった「カカオトリュフチョコ」はワインが完全に負けますが、苦味が少なくケンカしないので相性はいいですね。
チョコが少なくなると、ワインがせっせと働き出します。

ガーナブラックチョコでも苦味はバッティングしません。
この苦味が控えめなのに、ジュースっぽくないのが、このワインの良いところかも。

苦味が少ないのでチョコとの相性はなかなか良く、この時期に飲むにはいいチョイスかも。

ワンコインだったら、まあ許せると思います。

■楽天ショップへのリンク

ズールー レッド[長S]

※ショップ説明より
かすかな甘味で赤が苦手な方にもおすすめ
ドライな味わいの中にかすかな甘味を感じ、大変飲み心地のよい口当たりが特徴のユニークな赤ワイン。少し冷やすとさらにフルーティでグイグイいけちゃいます。この独特の風味にひそかにファンの多いワインなんです。軽めのチーズなどとご一緒に。
1000円以下のおすすめワイン

2017/02/11

ツリー・ベア シャルドネ NV

ツリー・ベア シャルドネ NV

ツリー・ベア シャルドネ NV
Tree Bear Chardonnay NV

オーストラリア:地理的表示無し
アルコール度:13%
ブドウ品種:シャルドネ

OKストアで、税抜き599円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:やや淡い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、色付きが弱め、ねっとりした輝きがある

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>南国系の果実、パイナップル
<香辛・芳香・化学物質>硝煙、ミネラル、バター
香りの印象:開いている、第1アロマが強め

【味わい】
アタック:やや軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:しっかりした、爽やかな
苦味:やや強め
バランス:スリムな、溌剌とした
アルコール:やや弱め(に感じる)
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
グレープフルーツのような苦味の強い柑橘系

【評価】
すっきり爽やか、シンプルでカジュアルなまとまり、えぐ味と苦味が強めでバランスはイマイチ

【供出温度】
7度以下、フレッシュでフルーツ感が強いので、冷えてる方が美味しい

【グラス】
小ぶり、中庸

【総評】
外観は淡めの、グリーンがかったレモンイエローで、ねっとりした輝きがあります。

香りは、南国系の果実、パイナップル、硝煙、バター、などリッチ系のシャルドネのイメージ。

味わいは、ライトなアタックから、フレッシュな果実と酸味がふわっと広がり、細身のボディがスーッと続いて、苦味とえぐ味が強めな「ひっかかる」ようなフィニッシュ。

外観と香りはリッチ系のシャルドネのイメージでしたが、飲みくちはシンプルでスッキリ系で、苦味とえぐ味が残るのがちょっと気になります。
ワンコインの中では、中の上くらいのイメージでしょうか。

今日の晩御飯は「ポークソテーのオニオンソース」。

ワインはニコニコと社交的ですが、フルーツ感が強いので、ピッタリフィットはしません。

これくらい甘くてフルーティだと合わせる食事は気を使いますね。
苦味も食事に合わせる時のポイントになりそうです。

フルーツに合うちょっと甘いカレーとか、甘酢の中華炒めとか合いそうですが、どちらかというとパーティワインですね。

ワインだけで飲めるタイプですが、温度が上がってくると後味の苦味がやや気になります。
しっかりキンキンに冷やして、みんなでワイワイ飲むようなイメージでしょうか。

残ったワインを冷蔵庫に入れておいて、次の日に飲んでみましたが、全然大丈夫。
というか、後味の苦味とかえぐ味も気にならなくなって、飲みやすくなってるかも。
3日目もいけそうな感じですね。

そういう点では冷蔵庫に入れておいて、食前酒的に数日かけて楽しむという使い方もありそうです。

コストパフォマンスは高いのではないでしょうか。

■楽天ショップへのリンク

ツリー・ベア シャルドネ 750ml

※サイトより引用
フルーティですっきり、おしゃれ可愛いワイン。
ワイン大国オーストラリアからやってきた、「ツリーベア(コアラ)」とワイナリーの看板娘「オウムのマギー」が目印のおしゃれ可愛いワインです。生産者であるライオン・ワイン社は、オーストラリアとニュージーランド、アメリカの高級ワイン産地に、それぞれの産地を代表する高級ワインブランドを有する造り手です。オーストラリアでは、4つのワイナリーを所有し、それぞれの産地に根差したワイン造りを行っています。
「ツリーベア」はパイナップルや洋梨の香り、フルーティでクリーンな味わいのワイン。毎日の食事や、ちょっとしたパーティーなど、いつもの食卓をパッと華やかにしてくれます。
開けやすいスクリューキャップボトル。

2017/02/05

サンタ・ヘレナ ラ・プンタ レセルヴァ シャルドネ 2015

サンタ ヘレナ ラ・プンタ レセルヴァ シャルドネ 2015

サンタ ヘレナ ラ・プンタ レセルヴァ シャルドネ 2015
Santa Helena La Punta Reserva Chardonay 2015

チリ:セントラル・ヴァレー
アルコール度:13%
ブドウ品種:シャルドネ

OKストアで、税抜き768円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:強め
色調:少しオレンジがかったイエロー
濃淡:やや濃い
粘性:強め
外観の印象:若い、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、モモ、パイナップル、グリーン系ハーブ
<香辛・芳香・化学物質>バタークリーム、ハチミツ
香りの印象:開いている、第1アロマが強め

【味わい】
アタック:やや軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖とアルコールのボリューム感
酸味:しっかりした、やさしい
苦味:後味に強めに残る
バランス:まろやかな、ねっとりした
アルコール:やや強め
余韻:長めに続く

【フレーヴァー】
フルーツ感と、ちょっとピリッとスパイシー

【評価】
果実感たっぷりで、とろとろした穏やかな印象ながら、後味に強めの苦味が残りやや辛い

【供出温度】
8-10度 温度が上がるとややダレた感じになるので、温度低めが良さそう

【グラス】
小ぶり、中庸

【総評】
外観は、オレンジがかったイエローで、ギラギラした輝きがあります。

香りは、果実感が中心で、白い実の甘い果実、南国系の果実、柑橘系などがあり、バタークリームやハーブの印象もあります。

味わいは、優しい軽めのアタックから、凝縮感のある果実と甘みが一気に広がり、やさしいふっくらした印象が続いた後にえぐ味と苦味が出てきて、やや辛めのフィニッシュ。

果実感が強くて甘みがあって、ちょっとリッチ系の印象もあって、いろいろと盛り込まれていますが、トータルでの印象はチャーミング。
ワインだけでどんどん飲めるタイプで、価格なりだけど、いい感じです。

今日の晩御飯は「ブリの照り煮」と「ふろふき大根」。
まったくシャルドネとは合わないメニューですが、予想通り合いません。

果実感が強いので和食は難しそうですね。

おつまみの「ビーフジャーキー」や「ミックスナッツ」にはパーティ的に合います。

特別に安いスーパーで買ったので、税抜き768円ですが、普通は1000円ちょっと超えるくらいみたいですね。
確かに1000円ちょっとくらいの印象で、バランスはいいと思います。

ただ、平均的なシャルドネって感じであまり個性は無くて、優等生な感じなので、あまり印象に残らないかも。
フツーに可愛いアイドルなんだけど、覚えてもらえないみたいな?

コストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

■楽天ショップへのリンク

サンタ ヘレナ ラ プンタ レセルヴァ シャルドネ 2015] サンタ ヘレナ社 DOセントラル ヴァレー 白ワイン 辛口 750mlSanta Helena “La Punta” Reserva Chardonay [2015] chile (Valley-Central)

※サイトより引用
サンタ・ヘレナ社について
いち早く海外進出を果たしたチリワインにおける輸出ブランドのパイオニア、サンタ・ヘレナ社!
今は世界52ヵ国以上で愛飲されており、長年培ったワイン造りのノウハウをいかしつつ、より高い品質を目指し活動を開始したサンタ・ヘレナ社のワインは、今後ますます世界のワイン愛好家の注目を集めていくこと間違いなし!
サンタ・ヘレナ“ラ・プンタ”
レセルヴァ・シャルドネ2015年
チリ超お買い得のハイ・コスパ究極辛口白ワイン!あの月刊誌「一個人」で極旨ワイングランプリ第3位獲得!爆発ヒット中のアルパカのサンタ・ヘレナ社が手掛ける上級品!が遂に新発売!
“ラ・プンタ「頂点」”という名のサンタ・ヘレナの上級品!ありのままの自然環境が保存されたぶどう畑の一角には多様なハーブが自生!ぶどう樹とハーブが共生する畑からは、健全で優れたブドウがもたらされ、その高品質なブドウの持つ可能性を醸造家たちが最大限に引き出し、凝縮感のある果実味と上質な深みを兼ね備えた、気品あるワインに!シャルドネ主体にほんのわずかヴィオニエとソーヴィニヨン・ブランがブレンドされた、シトラスや白桃の豊かな香りで、心地よい酸味とフレッシュな果実味のバランスが良い極上辛口白ワイン!“頂点”という名も良し!かわいいエチケットも良し!人気爆発間違いなしの大人気チリワイン!

2017/02/04

バイレット 2014 エスペルト

バイレット 2014 エスペルト

バイレット 2014 エスペルト
Vailet 2014 ESPELT

スペイン:カタルーニャ州:D.O.エンポルダ
アルコール度:12.5%
ブドウ品種:マカベオ、ガルナッチャ・ブランカ

ワイナリー和泉屋の通販で6本セット8,640 円(送料別)、1本あたり1,440円で購入。
参考価格は、2,235円。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:やや淡い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、色づきが弱め

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>バナナ、パイナップル、熟した果実、オレンジ、菩提樹
<香辛料・芳香・化学物質>ハチミツ
香りの印象:若々しい、第1アロマが強め

【味わい】
アタック:やや強め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):残糖は少しでアルコールのボリューム感がある
酸味:しっかりした、爽やかな
苦味:旨みを伴った
バランス:溌剌とした、厚みのある
アルコール:高め
余韻:長めに続く

【フレーヴァー】
柑橘系のようなフルーツ

【評価】
フレッシュでフルーティながら、しっかりしたボディでアルコールも強め

【供出温度】
8-10度、11-14度 冷えていてもフレッシュで美味しいけど、温度が上がってもいけそうな感じ

【グラス】
小ぶり、中庸

【総評】
外観は、グリーンがかったレモンイエローで、輝きは強め。

香りは果実香が中心で、パイナップルやバナナ、熟した果実、柑橘系のオレンジ、グリーン系のフローラルなど、時間が経つとまた変わってきそうです。

味わいは、やや強めのアタックから、フレッシュな果実感と甘みがじわっと広がり、しっかりした酸味が支えながら、強めのボディが長めに続いて、アルコールの強さはあるものの、ジューシーなフィニッシュ。

フレッシュフルーティでカジュアルなんですが、味わいの複雑性と深みがあって、じわっと沁みてくる味わいで、これはいいですね。
誰が飲んでも普通に美味しいっていいそうですが、1500円くらいをイメージするかもしれません。

今日の晩御飯は、自家製の「餃子」。
ニンニクが入ってなくて野菜中心の軽めのタイプです。

とてもフレンドリーな対応ですが、ピッタリフィットする感じではありません。

フルーティなので、やはりカジュアルなパスタやピザ、パンにチーズやパテを乗せたようなアンティパストなんかのイメージでしょうか。

「テングのビーフジャーキー」や「ミックスナッツ」に合わせてみても、ワインのしっかり感が浮いてちょっと違和感があります。

カジュアルなようでもしっかりしたワインなので、それなりに食事じゃないと合わせにくいのかもしれません。

チーズ系のおつまみとかだと良いのかな?

ついでに冷凍パスタのカルボナーラに合わせてみましたが、ワインがやはりもったいない感じになってしまいますね。
ジャンキーなものには合わせにくそう。

カミさんの感想は、フルーティだけど後味が良い、1600円くらい、という感想。

確かに1500円くらいのイメージで、2000円超えるとちょっと高いと感じるかもしれせん。

■楽天ショップへのリンク

バイレット [2014] エスペルト【あす楽対応】

※サイトより引用
セラー・エスペルトは、フランスの国境近く、バルセロナの北東 D.O.エンポルダにあるワイナリーです。
地中海沿岸で太陽燦々としている土地で造られるワインは、スパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、赤ワイン、そして甘口のワインと20種類以上の豊富なラインナップをもちます。
世界No.1レストランの呼び声高いエル・ブジではキンセ・ルレスとテレス・ナグレスが通常ワインリストにオンリスト、東京にも支店があるサン・パウもいくつかのワインを常時オンリスト、そして2010年に7つ目のミシュラン3★に昇格したエル・セジェール・デ・カン・ロカもキンセ・ルレスとテレス・ナグレスをオンリスト、そしてパーティ用のワインとして白はマレニー、赤はヴィディヴィを採用しています。
『いたずら好きの子供』 と言う意味のバイレット。
ガルナッチャ・ブランカとマカベオをブレンドしてつくる辛口の白ワイン。パイナップルや、リンゴ、完熟した白いフルーツの新鮮な香りが広がります。スムーズな口当たりとフレッシュで豊かなボディのバランスのとれた白ワインです。セラー・エスペルトのスタンダード白ワインのひとつです。

閲覧数の多い記事