2015/10/14

サンティアゴ ピノ・ノワール NV

サンティアゴ ピノ・ノワール NV
サンティアゴ ピノ・ノワール NV
SANTIAGO PINOT NOIR NV

チリ:セントラル・ヴァレー:クリコ・ヴァレー
アルコール度:13%
ブドウ品種:ピノ・ノワール

グルメシティで、469円で購入

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:若々しい紫がかった色調の、ちょっと濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:やや強め
外観の印象:若々しい、透明感がある

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実>イチゴ、ラズベリー、キャンディ
<花・植物>ドライフラワー、ヴェジェタル
<香辛・芳香>杉板、グリーン系のスパイス
<化学物質>やや硫黄
香りの印象:若々しい、第1アロマが強い

【味わい】
アタック:軽い
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:フレッシュ、爽やか
タンニン分:サラサラしているが、後味はしっかり渋い
バランス:心地よい、流れるような
アルコール度:やや弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
スパイシー

【評価】
ライトでドライな味わいながら、意外としっかりしたまとまり

【供出温度】
10-13度 ライトでフレッシュなので温度低めが良さそう

【グラス】
小ぶり

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しい紫がかった色調の、やや濃いルビーで、底がしっかり見えるくらいの透明感があります。

香りは、若々しい赤い果実のイチゴやラズベリー、キャンディ、ドライフラワー、グリーン系のスパイスや杉板、血液、ちょっと硫黄の印象もあります。

味わいは、軽めのアタックから、ほんのり甘みとチャーミングな果実感が明るい印象で広がり、フレッシュな酸味とスマートなボディが少し続き、その後にしっかりした渋みが出てきて、えぐ味のある乾く印象のフィニッシュ。

ピノ・ノワールで500円を切るってのは、今までで最安値じゃないでしょうか。

ニューワールドのピノ・ノワールらしいチャーミングな印象ながら、後味にしっかりとした渋みが残る感じがワインらしく、第一印象は結構良いかも。

ピノ・ノワールを期待して飲むようなタイプではなく、かなりジュースっぽいですが、ワンコインということで許せる範囲ですね。

今日の晩御飯は、豚肉と白菜の重ね煮と、かぼちゃの天ぷら。
豚肉と白菜の重ね煮と合わせると、ワインが浮くものの、何となく意気投合します。

かぼちゃの天ぷらは、まったく問題なし。
ただ、同じイメージでフィットするだけで、高め合うって感じではありません。

おつまみのミックスナッツに合わせると、ピーナッツは、ワインが主導する感じで合います。
アーモンドは、ワインとナッツがぶつかる感じでお互い主張が強い感じ。
ジャイアントコーンは塩気と苦味がケンカしてダメ。
ワインが急に意固地になる感じで、主張が強く出ます。

税込みワンコイン以下のワインとしては、上出来じゃないでしょうか。

人に例えると、元気でキャピキャピした若い女子で、話をするとちょっと違和感を感じるけど何となく楽しいみたいな。
ちょっと分かりにくいか・・・

個性的な印象もあって、コストパフォーマンスは高いと思います。

■関連リンク(トップバリュー/イオン/グルメシティのワイン)


0 件のコメント:

閲覧数の多い記事