2017/11/19

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017

ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヌーヴォー 2017
Georges Duboeuf Beaujolais nouveau 2017

フランス:ブルゴーニュ地方:A.O.C.ボージョレ
アルコール度:13%
ブドウ品種:ガメイ

グルメシティで、2,138円で購入。

【外観】
清澄度:たぶん澄んだ
輝き:強め
色調:若々しいマゼンタピンクのフチをした、濃いルビー
濃淡:やや濃い
粘性:弱め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>イチゴ、キャンディ、若干ヴェジェタル
<香辛料・芳香・化学物質>若い茎のようなグリーン香
香りの印象:温度低めで飲み始めたので強い要素だけがとらえられる

【味わい】
アタック:柔らかい
甘み(アルコールのボリューム感も含む):少し残糖の甘み
酸味:なめらか、やさしい
タンニン分:弱め、サラサラした
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:低め
余韻:短い

【フレーヴァー】
チャーミングな果実感とスパイス

【評価】
カジュアルでフルーティでマイルド、ちょっとニューワールドっぽいまとまり

【供出温度】
10-13度 冷えているのを、カジュアルに楽しむ

【グラス】
中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観は、若々しいマゼンタピンクのフチをした濃いルビーで、深い透明感と輝きがあります。

香りは、マセラシオン・カルボニックらしいイチゴやキャンディ香が中心で、グリーン系のアクセントと、時間が経つとカラメルのような甘い印象が出てきました。

味わいは、優しいアタックから、マイルドな果実味と酸味、ほんのりとした甘みがじわっと広がり、細身のボディながら旨みがあり、軽いえぐ味のあるジューシーなフィニッシュ。

今年はとても角の取れたマイルドな印象ですね。
ジューシーで飲みやすく、ニューワールド的なまとまりになっています。

香りは、ジョルジュ・デュブッフのボージョレ・ヌーヴォーらしい強さがありますが、例年に比べるとフローラルの印象が弱い?

飲みやすくて美味しいとは思いますが、ワインの出来としては、いまいちな印象をうけてしまいますね。

今日の晩御飯は、「豚肉と白菜の鍋」と「挽肉のカレー」。

豚肉と白菜の鍋(通称:小栗鍋)は、ワインの香りが浮いてしまって、フィット感がありません。
まあ当たり前ですが、少なくとも和食に合うワインではないですね。
キャンディ香が加わって美味しい食事、ってのがポイントですが・・・そんなのあるのかな??

「挽肉のカレー」もお互いの主張が噛み合わないので、フィット感はありません。

おつまみの「ハニーピーナッツ」はとても良く合いましたが、「ビーフジャーキー」は反発する感じで、フィットしません。

それにしても今年のジョルジュ・デュブッフ・ヌーヴォーは、大きな方向転換をしていますね。
カミさんも「チリのワインとか、メルローのワインみたいな感じ。」という感想。

去年は「ピリピリした緊張感で落ち着きがない」という感想でしたが、今年はマイルドで飲みやすくなってる分、個性が半減しているような気がします。

税込みで2000円を超えるので、ボージョレ・ヌーヴォーじゃなかったら間違いなく買わないと思いますが、あの独特なマセラシオン・カルボニックの香りは、毎年の風物詩として感慨深いものがありますね。

また、変わっていくボージョレ・ヌーヴォーを毎年ウォッチするのも楽しみの一つになってきました。
ブームが去ったとしても、ずっと続いて欲しいですね~。

■楽天ショップへのリンク

【予約品】【新酒】【12本ご購入で送料無料】ボジョレー ヌーヴォー 2017 ジョルジュ デュブッフ 航空便 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン 辛口 ライトボディ 750ml (デュブフ)【新酒まとめ買い特典対象】【wineuki_BNV】

※サイトより引用
フレッシュでいきいきとした味わいが愉しめるスタンダードなヌーヴォーです。ジョルジュ デュブッフのボジョレー ヌーヴォーの代表的存在。
フレッシュで軽やかな飲み心地の理想のヌーヴォーをお届けしたい。その想いを実現するために、ジョルジュ デュブッフがボジョレー地区のすべての畑から葡萄を選りすぐって仕上げます。
毎年ラベルデザインが変わり、コレクションされている方も多くいらっしゃいます。ラベルは「感謝」の花言葉を持つ、ひなげし、バラ、ダリアを中心にブーケのイメージでデザインしました。
赤い果実や花を思わせる心地よい香り、 軽やかできめ細かい味わい。
フランスの3つ星レストラン「ポールボキューズ」が最も気に入っているヌーヴォーとしても知られています。
■関連情報(ボージョレ・ヌーヴォー/ヌーヴォー)


2017/04/18

ロス・モリーノス 白 NV(2017年購入)

ロス・モリーノス 白 NV

ロス・モリーノス 白 NV
LOS MOLINOS WHITE NV

スペイン:内陸部地方:DOバルデペーニャス
アルコール度:10.5%
ブドウ品種:アイレン100%

セブンイレブンで、514円で購入。

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:淡い
粘性:やや強い
外観の印象:若々しい、色づきが弱い

【香り】
第一印象:控えめ
特徴:
<果実・花・植物>甘くないメロン、ウッディ、化粧品のようなフローラル
<香辛料・芳香・化学物質>花の蜜、硫黄
香りの印象:いろいろな香りがまとまり無く入っている

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:ちょっと足りない感じだけど、後からキューッと効いてくる
苦味:弱め
バランス:腰が抜けた感じ
アルコール:弱め
余韻:短い

【フレーヴァー】
水っぽい果実感

【評価】
軽くて、芯がなくふにゃふにゃしてて、バランスが悪い

【供出温度】
7度以下 ワインに力が無いので、しっかり冷やしてごまかして飲む

【グラス】
小ぶり、タンブラー

【総評】
外観は淡く、グリーンがかったレモンイエローで、輝きがあります。

香りは、瓜のような果実感、ウッドチップ、化粧品、蜜、硫黄、などいろいろな要素がまとまりなく入っています。

味わいは、とても軽いアタックから、物足りない果実感と甘みが広がるものの腰砕けで、芯のない頼りないボディが「ふにゃっ」としていて、水っぽさのあるフィニッシュ。

昨年飲んだ時の感想は、
グリーン系の香りが爽やかで、個性的なんだけど人工的、ワイン風アルコール飲料って感じ。
でしたが、今回はちょっとダメダメですね。

飲み進むとちょっと変わってくるのかな?

今日の晩御飯は、コンビニパスタの「ベーコンたっぷりカルボナーラ」と「豆のサラダ」。

軽いので食事を邪魔するような事は無いのですが、甘みが強めに出てきますね。
ちょっとジュースっぽいというか。

食事に合わせたいワインではないかも。

コンビニ弁当ですら合わせたくないってことは、家庭料理はなおさらではないでしょうね。
食事ジャンキーな雰囲気になって幸せ感がありません。

最後までバランスが悪くてジャンキーな感じが続きましたが、温度が上がると特に気になりますね。
香りも生っぽさ出てきて、全体的に良くありません。

去年につづいてちょっと残念な結果に。
ブラックリスト入りで、来年はもう買わないかも。。。

■関連リンク(セブンイレブンのワイン)


2017/04/16

カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ 2016

カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ 2016

カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ 2016
Casillero del Diablo Chardonnay 2016

チリ:地理的表示無し
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:シャルドネ

ヤオコーの20%オフセールで、税抜き1,038円で購入。
元値は税抜き、1,298円

【外観】
清澄度:澄んだ
輝き:やや強め
色調:グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡:やや淡い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、色づきが弱い

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>白い実の果実、モモのコンポート、白い花、グリーン系のハーブ
<香辛料・芳香・化学物質>シロップ、クリーム、ハチミツ
香りの印象:若々しい、時間が経つと香りが落ちる

【味わい】
アタック:やや強め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:しっかりした、爽やか
苦味:コク(深み)を感じる
バランス:溌剌とした、まろやかな
アルコール:強め
余韻:少し続く

【フレーヴァー】
熟した果実感

【評価】
爽やかさとたっぷりの果実感があるが、アルコール度は高くしっかりしている

【供出温度】
11-14度 しっかり冷やしても美味しそうだけど、少し温度が上がってもフレッシュな印象をキープしている

【グラス】
小ぶり、中庸

【総評】
外観は淡く、グリーンがかったレモンイエローで、輝きとツヤがあります。

香りは、モモのコンポート、白い花、ハチミツ、クリームなど、時間が経つと、硝煙やミネラルの印象も出てきました。

味わいは、やや強めながらトロッとしているアタックから、たっぷりの果実感と甘み、爽やかな酸味がパッと広がり、しっかりしたボディと苦味が支えて、そのままジューシーな印象でフィニッシュ。

とても良いバランスでまとまっていますね。
これぞチリのシャルドネ、って感じ。

ただ、まとまり過ぎていて、個性が無いというか「面白み」みたいなものは無いかもしれません。
まあ、期待した通りの味、って感じでしょうか。

アルコール度が13.5%と白ワインの中では高い方ですが、飲みくちが良いのでスイスイ飲めてしまいますね。
気が付くとすぐに酔っ払っているので、これは注意が必要かも。

たっぷりの果実味を、しっかりした酸味と苦味が締めてバランスを取っています。
「面白みが無い」と言ってみたものの、安定感や安心感は抜群ですね。

今日の晩御飯は、ひき肉そぼろ、ニンジンソテー、タマゴ焼きが乗った「三色丼」。
合わせると、チューハイ的な「爽やかさ」を加えるような合い方をします。

果実味たっぷりですが、食事との相性は意外と良さそうです。
甘さがベタベタした感じではなく、さっぱりしているからかもしれません。

チーズの「ミモレット」も「パルミジャーノ・レッジャーノ」もとても良く合いました。

温度が低いと「爽やか系」で、温度が上がると「リッチ系」に変わるかなと思っていましたが、結局温度が上がってもしっかりした酸味をキープした「爽やか系」の味わいですね。

人に例えると、可愛らしくて優等生の生徒会長なんだけど、あまり個性を感じない女子みたいな?

完成度が高くて安心して飲めます。
このワインならではの「個性」みたいなものはありませんが、期待を裏切らないワインだと思います。
またビンテージが変わったら飲んでみたいワインですね。

■楽天ショップへのリンク

カッシェロ デル ディアブロ シャルドネ 2016 コンチャ イ トロ(限定品) (カッシェロデルディアブロシャルドネ)Casillero del Diablo Chardonnay [2016]

※サイトより引用
南米でその名を轟かせた「悪魔の蔵」のワイン!! オーク樽からの由来のパイナップルやトロピカルフルーツの人気辛口白ワイン!!ワイン王国38号で超特選ベストバイ5つ星★★★★★に輝きました!
ワイン王国38号において見事
超特選ベストバイ 5つ星★★★★★に輝きました!!
<ワイン王国38号の記事より>
酸とミネラルのバランスは最高
料理との合わせやすさは抜群
ややグリーンがかった淡イエローの色調。アタックから感じられる強い樽香に加え、熟したリンゴ、ロースト、カシスの芽、ハチミツ、ナッツ、ミネラルなどの香りが溶け合い心地よい。さらに、やさしい酸味も加わりバランスのよさはピカイチ!豊かな酸味とミネラルが中心にあり、果実味がこれらを後押しするような、広がりのある味わいを持つ。スパイスを利かせた若鶏のソテーやホルモン焼きなど、ボリュームのある料理と合わせても負けないほど、仕上がりもしっかりしている。
Best Marriage 鶏肉のグリル焼き、ウナギの白焼き、魚介のパスタ
<テイスティングコメント>
鮮やかな黄金色のワイン。パイナップルなどのトロピカルフルーツの香りが豊かにあり、トースティでクリーミーなオーク樽からくるほのかな香りも感じられます。フレッシュでクリスピーな酸味が口中を快くしげきした後、まろやかな果実味に包まれます。エレガントでまろやかな、それでいて若々しいワインです。 サーモンやホワイトソースのパスタ、鶏肉料理に。

2017/04/15

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015

カッシェロ・デル・ディアブロ カルメネール 2015
Casillero del Diablo Carmenere 2015

チリ:地理的表示無し
アルコール度:13.5%
ブドウ品種:カルメネール

ヤオコーの20%オフセールで、税抜き1128で購入。(元値は1410円)

【外観】
清澄度:たぶん澄んだ
輝き:強め
色調:若々しい紫色のフチをした、濃いガーネット
濃淡:とても濃い
粘性:強め
外観の印象:若々しい、よく熟した

【香り】
第一印象:しっかりと感じられる
特徴:
<果実・花・植物>カシス、ジャム、タバコ
<香辛料・芳香・化学物質>血液、鉄さび、グリーン系のスパイス
香りの印象:やや還元的?最初は香ったがだんだん弱くなってきた

【味わい】
アタック:軽め
甘み(アルコールのボリューム感も含む):やや多めの残糖
酸味:なめらか、やさしい
タンニン分:弱め、サラサラした
バランス:スマートな、流れるような
アルコール度:高め
余韻:かすかに長めに続く

【フレーヴァー】
ジャムやキャンディのような果実感

【評価】
マイルドでフルーティ、とても飲みやすいがジュースが混ざっているような印象がある

【供出温度】
14-16度 冷えていても良いけど、ちょっと温度高めでもトロトロした美味しさがある

【グラス】
小ぶり、中庸

【デカンタージュ】
必要なし

【総評】
外観はとても濃く、紫色のフチをした黒に近いガーネットで、液面のツヤと輝きがあります。

香りは、ジャムやカシス、タバコ、血液や鉄さび、グリーン系のスパイスなどありますが、まだちょっと還元的かも。

味わいは、予想に反してライトでトロっとした口当たりから、豊かな果実感と甘みが大きくひろがり、優しい酸味とタンニンがすーっと続いて、じんわりフルーティな余韻が残るフィニッシュ。

このワイン、まったく悪魔ではないですね。
とてもチャーミングでスイート、メルヘンの世界です。

いわゆる良いワインの価値観とは違う、チリワイン独自のカジュアルでフルーティな味わいですが、さらに進化してるって感じ。
チリワインは、いったいどこまでフルーティさを追求するのでしょう?

今日の晩御飯は「豚肉の肉巻きステーキ」。
薄切り肉を巻いて作った、和風ソースのポークステーキです。

このワイン、果実感が強いのですが、ちょっと控えめなところがあるので、食事を立てて裏方に回ります。
ジュースっぽいと思ったけど、食事との相性は良さそうですね。

デミグラスソースのハンバーグとか、ハッシュドビーフ、味噌カツとかも合いそうな気がします。
和食だったら角煮とか、ビーフよりも豚肉の方が相性が良さそうですね。

おつまみのチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」はチーズが勝ってワインが負けてしまいます。
「ミモレット」はいい感じでフィット。

「YBC ルヴァン」にパルミジャーノ・レッジャーノを乗せて合わせてみましたが、やっぱりチーズの強い香りが最終的に勝ってしまいます。
ルヴァンにクリームチーズを乗せたくらいでちょうどいい感じでしょうか。

人に例えると、一見派手そうに見えるけど、実はチャーミングで大人しい女子みたいな感じ?

香りは最後まで良くならないですね。
ちょっと還元的というかケミカルな印象のままでした。

でも時間が経っても力が落ちず、果実感たっぷりなチャーミングな魅力が続きますね。

パーティに持っていくと女子ウケしそうなタイプで、果実感に浸りたい時には良いのではないでしょうか。

■楽天ショップへのリンク

カッシェロ・デル・ディアブロ・カルメネール[2015]年・コンチャ・イ・トロCasillero del Diablo Carmenere [2015] Conch y Toro

※サイトより引用
南米でその名を轟かせた「悪魔の蔵」のワイン!からチリでしか栽培されていない幻の品種カルメネール100%!!ワインスペクテーター87点、ワイン&スピリッツ87点のプラムやチョコレートの香りにコーヒーのヒント!!8~12ヵ月熟成の人気ワイン
<カルメネールについて>
カルメネールは数奇の運命をもつ、神秘的な品種です。もともとボルドーの古い葡萄品種でしたが、強い日照を必要とするためボルドーでは上手く育たず、フィロキセラによってほぼ絶滅したと言われています。
幸運なことにその直前にチリに持ち込まれ、チリで栽培が続けられていました。今ではフィロキセラ前のカルメネールはチリにしか無いといわれています。
しかしチリでも1990年頃までメルローとして(純粋なメルローと混在されて)栽培されていました。成熟はメルローよりも2-3週間遅いため、純粋なメルローが収穫を迎えてもカルメネールはまだ完熟しておらず、そのためにチリのメルローが青臭いといわれてきました。
コンチャ・イ・トロ社では1990年からメルローとカルメネールの植え替えをはじめ、すでに2000年頃までには完了し、「デルーニョ」レンジで少量のカルメネールをリリース。そして順調に畑を広げ、カルメネールは今、ようやくその個性を「カッシェロ デル ディアブロ」として花開く時を迎えました
<テイスティングコメント>
深みのある紫色が美しいカルメネール。プラムやチョコレートのしっかりした香りに、コーヒーのヒントが感じられます。黒いプラムやスパイスが、アメリカンオーク樽香に包まれて、口中でまろやかに広がります。
<料理との相性>
赤身のお肉をハーブや野菜にあわせた料理や、ゴーダチーズなど。
ワインスペクテーター87点、ワイン&スピリッツ87点、インターナショナルワインチャレンジ2005銅賞

■関連情報(カッシェロ・デル・ディアブロ シリーズ)



■Amazonへのリンク



■関連リンク(ヤオコーのワイン)


閲覧数の多い記事